AIによって時代はどう変わっていくのか?

人はストーリーで世界を理解している

 
囲碁や将棋の世界では、もはやAIに太刀打ちできる人間がいないという状況になりました。どうやらAIは人間を超えたのではないかと思う方もいるでしょう。しかし現実として、人とAIを同じ土俵で比較することにそれほどの意味はありません。

それは、人はストーリー(物語)によって世界の森羅万象を把握しているからです。人は出来事をストーリーで記憶し、ストーリーで情報処理し、ストーリーで伝達しています。その大きな例が、世界を擬人化して理解する宗教や哲学、科学です。

一方のAIにはストーリーはありません。あるのは膨大なビッグデータと、それを「超」高速かつ合理的に処理する計算能力です。そもそも人とは異なるプロセスで動いています。AIは人をデータベース化して理解しています。ところが、人はAIを擬人化して理解しようとしています。

人は自分の目で見たり、耳で聞いたり、手で触れた出来事を、脳に伝えて情報処理をします。その情報インプットが時系列に沿っておこなわれています。それらの個別な情報は、脳内でストーリーとして組み立てられることで意味を持ってきます。

さらに自分では理解できない出来事に遭遇すると、神様というキャラクターを作り上げ宗教で説明をします。何度も再現性のある出来事ならば、そこに共通性や法則性を見いだすことで、哲学や科学という言葉で説明をします。

これらはすべてストーリーです。人はストーリーがないと世界のすべてを理解することができません。だからAIに対してもストーリーで理解しようと試みます。

人とAIが将棋や囲碁の対戦をし、人が負けたというのは当たり前のこと。あたかもデータベースのような高度に合理的なストーリーを組み立てる能力に秀でたプロ棋士立ちは、その思考過程が人間離れしているがために、逆にAIに勝つことができません。

要は、膨大な電力を背景とした計算能力を持つAIに対して、3食のご飯で動く生身の人間は勝てないのです。人と車でスピード競争が成り立たないのと同じこと。

将来、今ある職業の多くがAIによって失われるという危惧があります。これは、江戸時代の飛脚が現在のインターネットや物流に置き換わったのと同じ事です。人の思考過程が、より合理的に処理できるAIに置き換わるということです。

となると、中世以前は神様のなせる技という宗教で説明できたことが、産業革命によって科学という言葉に置き換わったような現象がこれから起きるかもしれません。今、時代の流れが変わりつつあるというのは、こういうことが起きようとしているのだと思うのです。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ