正しい睡眠時間よりも大切なこと

 
睡眠についていろいろ書かれた書籍がありますが、実際のところは毎年のように新しい研究結果が提示され、刻々と正しいとされている常識が変わっているようです。

睡眠時間というのは、何時間寝れば大丈夫というものでもなく、その人ごとに適正な時間が異なります。

睡眠は90分周期のサイクルなので、90分の倍数ごとに寝れば良いという説も、今では個人差が大きく法則としては成り立たないとのこと。

ましてや、脳波を計測してリアルタイムな睡眠適正時間を計測することも、実は未だに計算処理にタイムラグがあって実用レベルではないそうです。

そんな中であまり変化しないのは、人々がどのような睡眠時間を過ごしているかという統計データです。

データによりますと、アメリカ人は日本人に比べて1時間多く寝ているという結果があります。

その差が、1週間や1ヶ月というスパンでみると、睡眠によって脳が日々のストレスから回復する余裕の差になっているのではないかと言われています。

つまり、1日に何時間寝たから私は健康的だとか、90分の睡眠サイクルで朝は目覚めが良いとか、どれも病気の民間療法レベルの話なようです。

朝、ちゃんと気分良く目覚めて行動できるのがベストでしょうが、だからと言ってそれが健康的かどうかという科学的な根拠は特にないわけですね。

アメリカ人のように、普通の日本人よりも1時間だけ多く寝る余裕を作ることが、睡眠時間云々よりも大切なことではないかと思うのです。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ