音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で決まる?

…人々の聞く音楽を分析した結果、10代の時聞いた音楽が、その後の音楽の好みに最も大きな影響を与えることが判明した。(中略)
…平均すると、男性の最も好きな曲は、14歳の時にリリースされた曲であることが多いそうだ。(中略) 女性の場合は…平均13歳の時にリリースされた曲が最も好きな音楽になるという。
大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている – FNMNL (フェノメナル)

 
な、なんと、まさしく思春期に聴いていた音楽が、今でも私の心に刺さるソウルミュージックです。

「大都会」 クリスタルキング
「異邦人」 久保田早紀
「昴-すばる-」 谷村新司

カラオケが苦手な私も、このリクエストであれば小指を立ててマイクを握らせていただきます!

 
クラシック音楽を湯水のように聴いていたのも、同じく中学生の時でした。

ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」
ドボルザーク/交響曲第9番「新世界より」
マーラー/交響曲第2番「復活」

今でも、目玉を右上にずらして思い出せば、当時眺めていたスコアのページが脳裏に湧き上がってきます。

 
思春期に聴いていた音楽って、脳内にオキシトシンが大量異常放出された初恋のように、聴いているだけで切なく悩ましくトキめくもの。

今でもふとした弾みに、脳内無限ループ再生されて口ずさんでいたりします。三つ子の魂どころか、思春期の煩悩はいまだに続いていますね。

ひょっとしたら、人生の最後に聴きたい音楽も、「大都会」〜「異邦人」〜「昴-すばる-」かもしれません。私の葬儀で出棺時には、この3曲で行きましょう! もちろん、事前に私がカラオケで吹き込んでおきますので…

わ〜れは逝くぅ〜♪ さらば〜(※ すぅ〜ばぁ〜るぅ〜)よぉ〜♫
※ 必要に応じて、奥さんの名前になる可能性もあり

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ