自分がホントに好きなことはなんだろうか?

 
自分がホントに好きなことはなんだろうかと考えたことがありますか?

 
今まで私は、「自分は音楽が一番好きだ」となんとなく思っていました。

と言いつつも、プロとして楽隊で自分の好まない指揮者の下で楽器を演奏することの無気力さにも嫌気を感じていました。

どんなに楽器を演奏するという他人から見るとうらやむような仕事であっても、組織の中にいるかぎりはその目的に沿ったことをやるサラリーマンですから。

 
今はいろいろあって楽器を弾くことを止めてしまいましたが、未だ音楽は学生(吹奏楽部)たちへの音楽指導(外部コーチ)というカタチで関わっています。

学生たちの演奏する音楽が上達し、それを聴いたお客さんたちが喜んでいただけるのがとても楽しいと感じています。

つまり、単純に音楽が好きというよりも、音楽によって得られるその先の何かが好きだということになります。

 
それは音楽でなく便利屋の仕事でも同じこと。他ではなかなか引き受け手がいない手助けを頼まれ、それをこなして依頼者に喜んで頂けるのがとても楽しいのです。

政治をやりたいと思ったのも、きっとそういう思いだったのでしょう。何かを大きく変えるというのではなく、(東日本大震災の現場で強く感じた)人々に元気になってもらいたいという想いです。

今のところ、その一番の手段が音楽や便利屋という仕事なわけですね。50歳を超えて、やっとそのことにハッキリと気づきました。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

便利屋って実際どうなの?

 
便利屋を開業していつの間にか1年5ヶ月が過ぎました。おかげさまでご贔屓なお客様も増え、なんとかやっています。

 
初めてのお客様のところへ行くと、必ず訊かれるのが「今まででどんな依頼がありましたか?」という質問。

そりゃそうですよね、私だって他の便利屋さんにどんな仕事を引き受けているのか訊いてみたいくらいです(笑)

私の場合は、世間でよくあるお掃除とか家事手伝いとか比較的イメージしやすい仕事は少ないです。なにせ24時間営業ですから。

 
ホントかどうかは定かでありませんが、この関東で24時間営業をしている便利屋はどうやら私だけのようです。現実、それくらい需要は少ないのです。

さらに、基本的にヤバイ仕事以外でしたら何でもお引き受けするので、いつも初めてやるような依頼が多いです。

私も内心、これどうやって解決するの?と悩むことが多々。でもまぁ、なんとか知恵を使ってマメに動いて依頼をこなしています。

 
で、実のところどんな仕事を引き受けてるのよ?と気になるでしょ。アハハ、もちろんみなさんが普通にイメージできないようなこともやっていますよ。

普通の街の便利屋的な仕事が4割くらい。あとの4割は肉体労働。そして2割が、お墓まで持って行く個人情報満載で言えないお仕事。

都内一等地タワーマンションから、床下に這いつくばっての悪臭清掃まで、ありとあらゆる方と動物の人生をお手伝いさせていただいてます。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

人がやらないことをやれば、誰でも第一人者になれる!

24時間営業の便利屋、第一人者!

 
便利屋というと、普通に24時間いつでも電話1本で駆けつけてくれると思いますよね。

でも、日本でもっとも多くの人口を抱えるこの首都圏で、他に24時間営業をしている便利屋は聞いたことがありません。

今まで依頼されたお客様の誰もが、深夜(2時とか3時とか)に電話が繋がったのは当社だけだと言います。サイト上では24時間受付というのはありますけど、駆けつける便利屋はいないみたいです。

つまり、私は24時間営業便利屋の第一人者! なんですよ。ひょっとしたら、日本で唯一の人かもしれない(笑) <同業者さん、求む情報

多くの人は奇抜なアイデアを考えますが、それをホントに実行して仕事にしてしまう人は滅多にいません。もしいたとしても、100人に1人いるかどうかでしょう。

自分でもバカだと自覚している私が断言します。普通の神経だったら、たった1人の個人事業で24時間営業なんて考えませんよね。しかも誰もが躊躇する現場に普通に入り込める変態です。

便利屋を始める前は1年ちょっとの間、深夜トラックに乗っていましたので、真夜中に駆けつけるのはまったくハードルを感じませんでした。24時間以上の連続仕事も何度も経験していたので、まぁ別にいいかという感じです。

他人から見てバカじゃないのと思うようなことは、実はものすごいチャンスがある世界なんです。実際、深夜に便利屋で駆けつけるノウハウはものすごく持っています。たぶん、私しか本に書けないような話も山のようにあります。<実際には口外せずに墓場まで持って行く話ばかりですけどね…

と言うわけで、あなたも人がやらないことをやれば、第一人者になれる!のです。必要な資質は、バカで変態なことw

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

便利屋に年末年始はなく、淡々とお仕事モード

 

年中無休24時間営業中

ひょっとしたら、日本で唯一の年中無休24時間営業の便利屋をやっています。

自分でやっていて思うのですが、電話が来たらいつでも行きますよなんて商売はやっぱりキツい仕事かも。

普段はだいたいこんな感じで働いています。夜中に出動するのは、多くて週3日、少ないときは週1くらいでしょうか。

23時、相談電話。料金を訊いてパス。
24時、お布団に入る。就寝…
1時、電話がかかってきて目が覚める。即出動!
4時半、帰宅。即、お布団へ直行。眠い…
8時、起床。事務作業。
10時、別の依頼仕事へ出かける。

フリーダイヤルで仕事を受け付けていた時は、真夜中の3時半くらいに相談電話が多かったです。仕事にならない電話ばかりだったので、そうそうにフリーダイヤルは非公開にしました。

PTAや地域のボランティア仕事があるときは、その時間の予定を空けて対応。この時間が、自分ではホッとする休日みたいな感じですね。

昨年のお正月3日間は出先で別の電話がかかり、なかなか家に帰れない感じでしたが…

さて今年のお正月はどんな依頼電話がくるのでしょうか?

便利屋に年末年始はなく、淡々とお仕事をしています( ̄^ ̄)ゞ

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

便利屋の始め方

本業である便利屋をネタにしてみました

 
便利屋という商売。人によって考えは違うと思いますが、基本的に誰でも今すぐに始めることができる商売です。便利屋という名称からしていろんな汎用性があって、「○○の便利屋」という○○によっていくらでも変幻自在な商売です。

私の場合は、「24時間年中無休、何でもやります」というのが○○になります。私自身にはこれという核になる専門分野がありません。だから、何でもやるし、24時間年中無休なわけです。

実際に便利屋を初めてみて解ったのは、世の中の多くの便利屋はちゃんと食えていないということです。だからこそ、○○という自分の売りを明確に出すことが大切になります。

もしもハウスクリーニングを頼みたいのであればお掃除の専門店を探すだろうし、引っ越しは引っ越し屋に頼むだろうし、不用品処分は不用品処分屋に頼むわけです。では、便利屋に頼むことってなんでしょうか?

お掃除屋にも、引っ越し屋にも、不用品処分屋にもお願いできないこと。もしくは、お願いできないような時間や場所であったり、もっと複雑に混み合った訳ありな案件。だから「24時間年中無休、何でもやります」というキャッチフレーズにヒットします。

便利屋を始めるのはものすごく簡単だけど、それを続けられるのはものすごく大変です。その○○という核を決めておかないと、依頼者の検索にひっかかりません。

そこで本題である「便利屋の始め方」ですが、とにかくホームページを作ってアップし、ネット広告を出して集客する。ただそれだけです。

技術的なことに関しては、もうその人ごとの専門で売っていくしかありませんね。私の場合、一番の専門技術は「力仕事」です(笑)

出来ないことは、出来る人、もしくは専門の人を探して、その人へ仕事をお願いします。これはどの業種でも同じです。

ちなみに、私が一番最初に揃えたものは、10万円の中古軽トラックでした。あとは、草刈り用の鎌とホウキとゴミ袋。そんな感じで、なんとか食べています。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ