不安な感情は風邪をひいたようなもの

 
ヤバイ、間に合わない! お金が足りない! やっちまった… などなど。

 
不安で夜も眠れないという思いは誰にでもあります。そして、多くの人が今も現在進行形の不安を抱えているはず。

それでも、なんとか知恵と勇気をふりしぼって行動を起こせば、なんとか不安は軽減するものです。

そしてまた、忘れた頃に突如として次なる不安が襲ってきます。

 
それって、まるで風邪をひいたときのようですね。どんなにイケイケで元気な人でも、風邪をひくと不安におそわれたようにテンションが下がってしまいます。

長い人生を船にたとえてみると、元気なときは船の揺れが気になりませんが、不安という名の荒波がやってくると重度の船酔いでまともな思考ができず、そしてまた穏やかな波に乗って元気な時がやってくるような繰り返しの日々です。

不安とは決して解決するモノではなく、一旦収まったかのごとく軽減することはあっても、またなにかの拍子に表面化するという繰り返しが続きます。

 
だからこそ不安な気分になったときは、その感情を細かくノートに書き出して記録しておくとよいのです。そしてその不安が和らぐまでの過程を記録しておけば、再び不安になったときにその記録を読み返すことで希望を感じることができます。

風邪をひいたときなどは、よく効く薬を覚えていて、次に風邪をひいたときも同じ薬を飲みますよね。不安も同じ事です。

不安に強い人というのは、自分なりの処方箋を持っている人のことです。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

不安を克服するには、他人の目で自分を見つめてみる

 
スマホやパソコンが苦手な人は、よく解らないことをして壊してしまわないか不安だと言います。

 
これが未知のものを面白がる人なら、取説がなくてもとりあえずボタンを押して見て動かしてしまいます。壊れたら、その逆順をやれば戻るでしょって感じ。

この未知のものを不安がるか面白がるかは、脳内ホルモンの分泌量によって個人差があるそうです。自分はこういう性格だと思っていることも、実は単なる脳内ホルモンの影響でそうなっているだけのこと。

例えば、日本人は不安を感じやすい脳内体質が多く、アメリカ人は面白がる脳内体質が多いと言われています。日本では不安ゆえか利息もつかないのに銀行にお金を貯金しますよね(苦笑)

 
とりあえず貯金ではなく、ちゃんと不安と向き合う姿勢も大切です。つまり、自分が不安に感じていることをすべて洗いざらい紙とペンで書き出して、脳から外に出してしまうのです。

それらの不安材料を目で見返すことで、客観的に何が不安なのかを見つめることができます。見えないから不安なのであって、見えてしまえばそれほど大したことではありません。

よく自分はそのことを上手くできないくせに、なぜか他人へは的確にアドバイスができたりします。これは他人の問題点を客観的に見ることができるからですね。誰でも自分のことはよく解らないものです。

 
とは言っても、不安なことが突如として何でもないことに変わることは、そうめったにあることではありません。

だからこそ、自分が日頃考えていることや困っていることなど、そういう心の動きを日記やノートに書いてみるといいと思います。

もちろん苦手でなければ、パソコンやスマホでメモしてもOK。さらにブログに書くくらいになれば、不安なんて感じる暇もなくなるでしょう。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ