音楽のビート感とはサーフィンで波に乗っている感覚

 
音楽でもっとも大切なものは、ビート感です!

もちろん、正確なリズムとか、正確な音程とか、正確なハーモニーとか、、、 それらがあれば、人に感心してもらます。ですが、それだけでは人に聴かせる音楽にはなり得ません。

ビート感とは、人の心に直接に働きかける催眠術のような効果があります。人が音楽を聴いて感動する一番の要素は、ビート感と言っても過言ではありません。

誤解を承知で解りやすく例えると、ゲーム「太鼓の達人」で音楽に合わせて太鼓を叩くあの感覚がビート感に近いものがあります。

テンポに合わせて音楽が進んでいくのではなく、音楽の流れに乗って不安定な感覚をスレスレで維持し続けるようなもの。

曲の頭から終わりに向かって自分の目線が移動しながら音符を演奏するのではなく、自分の目線はその場に動かず音符の方がドンドン前からやってくる感覚です。

前から次々とやってくる音符の波にサーフィンのように乗っている感覚。これがまさにビート感の真髄ではないでしょか。<まるで太鼓の達人でしょ(笑)

曲の最後、音楽が終止したときの安堵感、達成感、感動、興奮はただならぬものがあります。

音楽は時間の芸術です。時間は過去から未来への動くのではなく、未来から時間が降り注いで過去へと時間が落ちていくのが本当の時間感覚。

人の心に訴えかけない音楽は「時間の芸術」ではありません。ビート感こそが音楽を時間の芸術にする重要な要素なのです。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ