「損をして得をとれ」とはどういうことか?

 
普通の人は、目の前の短期的な得をとります。あきらかに損だと感じることは、普通にやりませんよね。

先日の関東地方大雪の朝、私は自分の家の前のみならず、近所の家の前もすべて雪かきをし、幹線道路から自宅までの家3軒分の道筋をすべて雪かきしました。ついでに午前中ずっと汗だくになって、バス停までの歩道もすべて雪をどけました。

こうすることで、その日からずっと雪の影響を受けずに普通に車に乗ることができています。他の場所では未だに道路に溜まった雪が凍りつき、危ない箇所がたくさんあるのが現状です。

スーパーの駐車場などで本来の場所じゃないところにカートが放置されていれば元に戻しますし、誰にも頼まれていないのに近所の草むしりもします。自分を取り巻く場所を心地よい環境にすることで、自分自身の心が荒むことを防いでいるわけです。

PTA会長も即決で引き受けたり、地域活動でも気軽に代表を引き受けています。そのおかげでいろんな地域の仕組みを知ったり、それまでは知り合うことがなかった人たちとも繋がりができました。

月に10日くらいはそうしたボランティア活動をしていますが、そのお陰でいろんなことを知り、それがビジネスにも活かされています。ボランティア活動なのですが、自分のチャンスを広げて将来の収益に役立っています。

私はあきらかに不可能なこと以外は、他人からのお願いを即決で引き受けています。中には内容を聞かずにお引き受けすることもしばしば。その人が私にできるだろうと思って頼んでいるわけですから、当然ながら私は軽くできてしまうのです。断る理由さえありませんね。

よく「今は忙しいから落ちついたら考えます」という人は、いつまで待っても落ち着くことはありません。そう言ってしまった手前、暇な自分を見せることができなくなってしまうからです。軽く引き受けてしまえば心が楽なのに、できない理由を言ったとたんに自分の首を絞めてしまいます。

「損をして得をとれ」とは、一見して損に見えることの行き先を見通すことができる知力をつけろという意味です。短期的に得をすることでも、その先になんらかの影響でしっぺ返しをくらうことが多々あります。政府から補助金をもらって喜んでも、その財源は借金よって賄っていることを見通せるかという話ですね。

さらに「損なこと」はチャンスが詰まった宝の山です。誰も手を出したがらないことを得に変えることができれば、人生のどんな苦難も楽しく乗りきるすべを身に付けることができます。これこそが「損をして得をとれ」のお得感ですね。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

失敗が許されない時代に、1人で勝手に失敗をする醍醐味

 
今、世間の何か窮屈かというと、どんな小さなことでも失敗が許されないという世間の風潮です。

私が20代の頃(平成初期)は、私が所属していた自衛隊の中でさえある程度の失敗が許される自由度がありました。世間の誰も自衛隊に関心を持たない時代でしたから、そりゃもうお気楽な時代です。

ちなみに、自衛隊がテレビニュースで扱われ出したのは、カンボジアのPKO派遣(1992年)からです。それまでは災害派遣でもテレビの画面に映ることすらありませんでした。

私は自衛隊音楽隊のイベントを任され好き勝手なことをやっていましたが、今考えると明らかに大失敗と言わざるを得ないことでも、まぁ別にいいんじゃないのという感じの無関心で、誰もその失敗をとがめい雰囲気でした。私自身も冒険的なことをたくさんやらせて頂き、それらは自分自身の大きな財産となりました。

これが今の時代だと、なにがあろうと失敗は許されません。そもそも成功への根拠のない企画はOKがでませんから、前例のないことは何もできないというムードです。

これが政府や自治体だともう大変です。前例のないことは予算が下りませんから、時代のニーズに合わせた新しいことは一切できない仕組みになっています。希に政治家が後押しして通る企画もありますが、それが転けるとタブーになってしまい、もう二度とその企画書は通りません。

そんな時代だからこそ、前例のないことを1人で勝手にやったとしてもライバルすらいない状況です。これはと思ったアイデアは、自分がリスクを背負いさえすれば何でもできてしまいます。

もしもその企画が成功すれば、背負ったリスクの対価として自分がその企画の第一人者になることができるのです。成功事例をパッケージにして売り込むという、先行者利益も得ることができます。

私から見ると、そこいら中にチャンスが転がっている時代です。誰もホントに行動しないのですから、好き勝手放題という感じですね。

しかしながら、実はこうした時代はもうすぐ終わろうとしています。それもあと数年〜10年くらいかもしれません。そのことが理解できている人と、そうでない人との差は、もう縮められるレベルじゃないくらい大きいのです。。。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

人と同じことをしたくない天邪鬼気質が上がり調子な時代

ひねくれ者が得する時代がやってきた

 
最近、天邪鬼という言葉を聞かなくなりました。私の子供時分は、人と違ったことをするとすぐに「天邪鬼」だと言われたものです。

天邪鬼とは、多数派の動きを確認した上で、わざとこれに逆らう行動や言動をする「ひねくれ者」のことです。

私の子供時代は(たぶん今も…)、他人と同じ生き方をするのがとても嫌でした。だから、いつもわざと強い上級生に喧嘩をふっかけたり、みんなから糾弾されてる人をかばってみたり、人がやらないことに手を出してみたり、まぁ、気合いの入った天邪鬼だったわけです。

とは言え、あれほど平凡な会社勤めはしたくないと思い音楽家への道を目指したのですが、気がつくと誰よりも安定した自衛隊音楽隊へ入ってみたり、安定した自衛隊音楽隊から飛び出して、今ではほとんど自由業みたいな感じで好きなことをしていたり、、、

もう分別もついたはずの50歳をすぎても、未だに天邪鬼気質は抜けきれません(苦笑)

そうこうしている内に、世の中そのものが不安定極まりない時代へと変化をしてきました。日本が誇る終身雇用も、もうほとんど死語と化している今様です。

世の中には、ある程度こんな天邪鬼気質な人が必要で、世間のスキマで居場所(需要)を見つけて役に立っているものです。

私の目線から見ると、今の世の中はもう至るところがスキマだらけで、こんなにチャンスが落ちているなんて、なんて美味しすぎる時代だと感じています。

ただ、他人と同じようにして大人しく生きていきたいと思っている人からみると、ますますチャンスが遠のいて居場所がなくなっている時代なのかもしれません。

世の中のありとあらゆるジャンルが二極化している時代、チャンスがありすぎる人となさ過ぎる人の両極端に二極化しているようです。その差は、ほんのちょっとした考え方次第なんですけどね…

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ