お金がないときはどうすれば良いか?

 
公務員(自衛官)の時は、どんなにお金がなくても給料日がくれば… ボーナスが支給されれば… 年末調整が入れば… と思ってジッと待っていました。

民間会社の歩合制で働き出したときは、働いた日数や仕事量によってもらえる金額が変わってくるので、給料日は数ある手段の一つと考え、平行して他のお金儲けも考えていました。足りなきゃ、別で稼ぐという考えです。

そして今は一匹狼の自営業。お金がいつ入ってくるかなどは、もう考えるだけ無駄。仕事がなきゃ、仕事が回ってくる流れを作る! これが自営業の常識。

お国や会社に雇われている時は、お金は誰かから与えられるという感覚でした。仕事の対価としてお金をいただくというのは一見して当たり前のようですが、自分の時間を切り売りしてお金に交換しているだけのことです。

だからお金が足りなければ、別の仕事を追加してさらに自分の残り時間を切り売りすることが当然のことだと思っていました。

ところが自営業になると… お金に対する考え方や不安感が、それまでの雇われ人の時とはまったく異なる感覚になってきます。

そもそも、お金というものは世の中にグルグルと回っているものなんです。たまたま自分のところに回ってきたときに、手数料とか通行税みたいな感じで多少の手間賃を頂くという感じです。

だから、お金が入ってくればくるほど、自分もお金を使って世の中にグルグルと回していくことが肝心。流れを止めることはタブーです。

たくさんお金を回せば回すほど、世の中で面白いことができるようになります。例えば、そのお金でまた別の事業を興すとか、自分が面白いと思うところや人に投資するとか。そうやって世の中で信頼を得ていくツールがお金です

だから、お金がなくて不安を感じるよりも、お金がなければお金が回っている場所を見つけ、そこへ移動すれば良いという感覚です。これ、サラリーマンをやってるときには想像すらできませんでした。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ