PTA改革の難しさ~人は自分の尺度でしか物事を見れないから

次年度から小学校のPTA会長になる予定。一応、総会で承認(拍手?)されないといけないので、今はまだ予定です。

で、今まで中学校の会長を2年間やったり、市P連の副会長を1年ほどやったので、PTAについてはあれこれと考えることがあります。

なので、いきなりPTAの改革に着手するつもりです。なぜなら…

もう時代的にPTAという組織は行き詰っているから。でも、そのことに誰も気が付いていないか、あえて見ないふりをしています。

最近の巷では、PTAは任意参加の社会教育団体であり、自動入会とか強制入会は認められないという論法が多く聞かれるようになりました。

まぁ確かにそうなんだけど、こういう考えが多く聞かれるようになった背景にはPTA役員選びでの様々なトラブルがあるわけです。

PTAという組織を次年度につなげるためには、必ずそれを引き継いでくれる新しい役員を選ばなければなりません。

でもそんな面倒なことは誰もやりたくない。でも無理強いしてでも誰かにやってもらわないと体裁が悪い。いや、たまに僕みたいにやることはやぶさかではないという奇特な人もいますけどね(苦笑)

僕みたいにPTAのことを勉強したり経験値でそんな面倒なことじゃないと知っている人にとっては、PTAは屁の河童と捉えるわけです。だって別に給料もらえるわけじゃないので適当でいいしね。

いや、そんなPTAなんて大それた… とか、自分の時間を取られるのは嫌とか、仕事をしていてそんなの無理とか、、、

僕なんて基本的に年中無休で元旦以外は休んでいないのに、それでもPTAは屁の河童なんだけどさ。

要するに、どちらの問題も根底にあるのは「人は自分の尺度でしか物事を見れない」というマインドの違いがあるわけです。

で、その尺度の違いからPTA改革を説明しようとしても、たぶん理解してもらえる人はごく少数しかいないと思われます。

さらに、その少数の人たちも今やっている事業を止めたり、新たに新規事業をしようとすると、自分が火の粉を被るのが嫌で反対するでしょうね。

日本人は世界的に見て特殊なほど不安を感じる人が多い国民性です。リスクのあることにはまず手を出そうとはしません。

例えば、平成の30年間に社会が同じような条件だったアメリカは給料が2倍になっているのに、なぜか日本は逆に減っています。

ITという新しい技術革新に対して、ほとんどの日本人は変化を恐れてNOと言ったのです。

全国中のPTAが未だに非生産的な理事会という無駄な会議を毎月のように行い、いまだにベルマークを集めたり、エコキャップを集めたり、資源回収をやったり、広報誌を印刷したり、自治体が開催する家庭教育学習に参加したり、外で遊んでいる子供がいないのに地域パトロールをしたり…

ホントに申し訳ないんだけど、こんな昭和的なことはもう止めませんか? でも止めない国民性なんですよね(苦笑)

それともう一つ「子供たちのため」という悪魔の呪文。

親が考える「子供のため」というのは、ほとんどの子供にとっては大きな迷惑です。それに、今の時代に親世代の常識は子供世代には全くの無価値。

今の子供たちはこれからの来る時代の価値観とは全くかけ離れた前提で教育を受けるという不毛な教育を受ける世代です。

そこに輪をかけて「子供たちのため」なんていう親の古い価値観を押し付けられるわけですから、日本の将来はホントに真っ暗。

というわけで、これから3ヵ月ほどかけて地域や学校に根回ししたり、どうやって伝えれば改革がソフトランディングできるかを考えなければいけません。

ちなみに、どんな改革をするつもりなのかは秘密です(笑) 私は基本的に人の意見を聞かない人なので、言っても無駄なことは言わないつもり。

たぶん、改革の顛末をkindle本で電子出版するでしょうから、そちらを購入して読んでください。あと、PTAコンサルティングとして改革のお手伝い業も思案中です.

せっかくの内容ですから、しっかりと世の中に広く還元しないとね。

こういうことをボランティアだからと言い訳する人は、これから先の新しい時代を生き抜く力が薄い人。誰かに価値があることは、ちゃんとビジネスとして成立させて世の中に広めるべきなんです。

さぁPTA改革はどんな風に進むでしょうか。こうご期待。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ