祝日って必要ですか?

 
だれもが祝日について疑問を持っていません。で、祝日はなにかの役にたっていますか?

 
祝日をちゃんと休める昭和的サラリーマンには、きっと便利な制度かもしれませんね。

でも、そんなサラリーマンは国民の半分もいません。そもそも非正規の人は休みがある分だけ稼ぎがないのです。

サービス業が発達した現在、祝日をちゃんと休んでいる人は、学校に通う子どもとごく一部のサラリーマンだけです。

 
祝日に経済効果があるのでしょうか? ゴールデンウィークやお盆、正月に旅行へ行く人々が、どれほどお金をごく一部の観光地へ落としているのでしょうか?

祝日でも働く子育て中の女性は、学校や保育所が休みになって(お金を出して)子どもを預ける場所も探さないといけないし。

高齢者にとっては、そもそも平日も休日も違いはありません。あ、病院が休みになるのは痛い!

 
年中無休な自営業の私から見ると、国が決めた休日に縛られている勤め人が、とても可愛そうに見えます。そんな風に世の中を見ている人は、実はかなりたくさんいます。

元旦、天皇誕生日、昭和の日、憲法記念日くらいはOKとして、成人の日、敬老の日は日曜日と一緒にすればいいかな。

あとの祝日は、どれも双六の一回休みみたい。ちゅうか、祝日を止めて毎週日曜日に「○○の日」とネーミングすればエエんとちゃう?

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

音楽は産業だ!

 
音楽をただ楽しむだけだったら単なるアマチュア。これはお金を使う一方です。

 
音楽を産業として捉え、まちや企業にお金が落ちる手段と考えたときに、初めて音楽がその輝きを増し始めます。

お金を生む産業だからこそ、個性も磨かれるし、応援したくなるような情熱も生まれます。

特定の演奏者にファンがついてお金を落とすのも、音楽が産業なゆえんです。

 
例えば、美しい自然や見事な文化資産があるだけでは、その保存のためにお金がかかるだけの厄介者です。

でも、観光資源としてさまざまな工夫をして活用することで、そこにお金が落ちるようになるし、多くの人に愛されるようになります。

観光と音楽を同じだと考えれば、音楽にもさまざまな工夫が必要です。ただ単にコンサートを開くだけでは単発で終わってしまうのです。

 
とある街でコンサートがあるとすると、その街の周辺からお客を集めようとします。すると地方では入場料を安くせざるをえません。

例えば、観光やグルメとセットで販売し、全国や世界中からコンサートへ来てもらえば、より多くのお金が落ちるようになります。

音楽は音楽家やファンだけのものではなく、産業資産として活用する視点も面白いと思います。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

自分の定年は自分で好きに決めたい

 
定年という言葉が苦手です。まるで他者に自分の寿命を決められているようで大きなお世話でしょ。

 
私は48歳の時に、それまで務めた自衛隊音楽隊を自分から退職しました。つまり、定年を拒否ったわけです。

他者に自分の仕事寿命を決められるなんて、そんな従順な気持ちは髪の毛一本すらも持ち合わせていませんでしたし。

私は100歳まで自分の好きな仕事で働く気持ちが満々なので、ちょうどここらがキャリアを変える潮時だと考えていました。

 
もともと日本人は自分の意思で隠居をする時期を決め、第二の人生をプランニングしていました。

ところが、いつの間にか会社の都合で定年(隠居)を決められた上に、年金まで支給されて人生を国家にコントロールされるという残念なことになったわけです。

自分の人生なのに、その結末を年金という巧妙な方法で国家に牛耳られているという感覚すらないのが、現代に生きる人々の常識です。

 
その定年&年金という足枷から自由になるには、いつまでの自分の意思で働き続けることが人間らしい生き方ではないかと思うところです。

確かに、年金と貯蓄資産を運用しながら趣味を謳歌する老後というのもありです。それは価値観の違いですね。

それでも私は、一生涯、自分で稼ぎながら好きで楽しい仕事を謳歌するというのが目標です。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

騙される人のセリフ「そんなこと学校で習わなかった」

 
世の中には「騙す人」と「騙される人」がいると言われます。実際にはさらに「騙されない人」もいます。

 
学校で教えていることは正しいという盲目な思い込みは、お上の言うことは間違いがないと言う心理と同じでしょう。

でも、正解=正しいこと、という図式はまったくの嘘っぱち。正解とは誰かが意図的に決めたことだからです。

まずこうした前提で、なぜこれが正解とされているのかを疑うのが「騙されない人」です。

 
「そんなこと学校で習わなかった」というのは、学校では正しいことを教えていると思っているからこそ出る言葉です。

確かに習った時点では正しかったかもしれませんが、2〜3年もすれば世の中の定説は微妙に変わってきます。騙す人というのは、この微妙なズレをうまく利用し別な情報を与えて信じ込ませます。

家電屋の曰く、「今お使いのエアコンは10年前のものなので、最新機種に買い換えた方が消費電力が少なくてお得ですよ」というのがよくあるパターンです。

 
その結果、エアコンをすぐに新しく買い替えたとすれば、あなたは騙された人です。家電屋やテレビで言うことを信じたからですね。

騙されない人は、その情報を元にさまざまな情報を調べ、ホントに買い換えるべきかどうかを自分で納得して決めます。

日本製品は良いと信じるブランド信仰も、同じように騙されやすいパターンです。日本製品は、ただ単に日本人の好みに合わせて製品を作っているだけのこと。万人にとって良いものではありません。

 
「そんなこと学校で習わなかった」と言う人は、騙す側から見てお得意さまなのです。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

パソコンがあればどこでも仕事ができる有り難み

 
今このブログを、名古屋のマクドナルドで書いています。

 
先ほどまで1時間ばかし、パソコンでお仕事をしていました。

遠方へ出かける際には、ノートパソコンとモバイルルータは必需品です。

ネットに繋いで自宅パソコンのリモートアプリを起動し、自宅の仕事パソコンをリモートで操作しています。

 
いつも使っているMacBookには、仕事関係データなどは一切入れていません。というか、データはすべてクラウド上にあります。

一つの仕事につき一台のパソコンというスタイルで、数台のパソコンを使っています。複数の仕事をやっていると、頭がこんがらがってしまいますからね。

もしもパソコンが壊れた時のことを考えると、こうしてリスクを分散させることも必要です。

 
今はモバイルルータの速度も速いので、日本全国どこにいても自宅のパソコンをストレスなくリモート操作できます。

こんな働き方ができるのも、ここ数年の進歩のおかげですね。

1〜2年後には、「今このブログを、台北のマクドナルド?で書いています」なんて書いていることでしょう。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 
P.S.
マクドの隣席には中国人家族が中国語でワイワイと食事中です。実はここ、台北だよ〜ん!

ウソ
 

子どもにもわかるように、ひらがなで話す

 
今日は、日本で暮らす外国人を助けているふじみの国際交流センター・FICEC・理事長さんのお話(セミナー)を伺ってきました。

日本で生活している外国人の数は、おおよそ240万人。ここ埼玉県でも16万人の外国人が暮らしていて、44人に1人が外国人という時代です。

まだ日本語があまり話せない外国人とコミュニケーションをとるには、ひらがなで話すことが良いとのこと。

 
ここでハッと、数年前に『「ひらがな」で話す技術』を書かれた西任(にしと)暁子さんのセミナーで伺ったお話を思い出しました。

ここで言う「ひらがな」とは、漢字にしなくてもわかる言葉のことで、耳で聞いてすぐにわかる「丸い言葉」のことです。

例えば、「誰でも理解できるよう説明してください」 → 「子どもでもわかるように話してください」 という感じですね。

前者は漢字の意味がギュっと詰まって閉じた「四角い言葉」ですが、後者の「丸い言葉」は意味が開かれていてわかりやすい感じがします。

 
「話がわかりやすい」とは、相手のことを思いやりながら話すことですから、日本人同士でも気を付けたいことです。

特に、話していて自分が気持ちよくなっているときほど気を付けないといけません。自分が気持ちいいときほど、相手は我慢をしているからです。

同じ話を聞いても、人それぞれに思い浮かべる景色はバラバラです。だからこそ「ひらがなで話す」わかりやすさが必要なんですね。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

点字で表現できる世界が凄い!

 
広瀬浩二郎『目に見えない世界を歩く -「全盲」のフィールドワーク-』平凡社新書,2017年 を読みました。

 
最初はなにげに図書館で手にした本です。表紙には、たぶん本のタイトルが書いてあるらしき点字シールが貼ってあります。

点字は視覚障害者が社会へ繋がるためのツール。点字により、世界の知と触れ、遠く離れた他人と交流することができます。

6つの点で言葉や意思を表現できるツールを、視覚障害者は指先で触って理解しています。触るという当たり前のことに、ハッと驚きました。

 
目で見ると、(書いてある意味はさっぱり解りませんが…)なるほど6つの点の組み合わせなんだなと理解できます。

しかし、目をつぶって指先で触ると、正直まったく解りません。6つの点という以前に、その細かな点の差違がまったく解りません。

この点字を触っただけで理解できるというのは、相当に触覚が鋭いはず。逆に私たちは、目が見えていることで、これほどまでに触覚が鈍いのです。

 
これはものすごいカルチャーショックです。白い杖をついて歩いている視覚障害者の世界を、改めて凄いと感動しました。

そして目が見えないがゆえに、ここまで苦労して点字をマスターしたんだなということにも気がつきました。

今まではそんなこと考えたこともなかったのに… 矢も立ってもいられず図書館で数冊、関連本をリクエストしました。この世界のことを、とても知りたいです!

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

勉強して行動しないと生き残れない時代だよ

 
「僕は学生時代よりも今の方がずっと勉強しているよ」と言うと、中学生が「えー!学校出ても勉強してるんですか!?」と驚いてました(笑)

 
もうお酒を辞めてから1年半近くになります。お酒を飲まない一番のメリットは、寝る直前までずっと仕事(勉強)し続けられること。

勉強と言っても資格試験取得などではなく、読書したりブログを書いたり、新しい仕事のテストをしてみたり、そういう楽しみながらやってる勉強です。

きょうび飯の食える資格なんてほとんどありませんから、取るだけ無駄。そんな暇があるなら、とりあえず新しいビジネスのホームページでも作ればいいんです。

 
私から見ると、仕事終わりに意味もなく居酒屋で酒を飲むなんて、正直、自殺行為にしかみえません。

いつ自分のいる会社が無くなるかもしれない時代に、自分の強みを作る勉強をしないと生き残れません。

遊ぶなら遊ぶで、好きをとことん突き詰めて、それでお金が稼げるレベルまで徹底して遊ぶべきです。

 
よく人脈作りが大切という声がありますが、自分に何か強みがない人が人脈を作っても意味がないでしょ。

以前まで(仕事以外の)個人名刺を作って配ってましたが、今はもう辞めました。それよりも自分が圧倒的な強みを創ることが先決だからです。

チャンスはある日突然にやってきます。たとえ未完成であれ、何かの強みを持っていないとそのチャンスを捕まえることはできません。マジっす。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ