今年も初詣で神社ミッションを決行! 壱万円札をお賽銭箱へ

毎年欠かさずにやっている神社ミッション。今年はかなり厳しい懐具合でしたが、それでも迷いなく神社ミッションをおこないました。お金は天下の回りものですから、財布の中にとどめておくことは悪なのです。

神社ミッションとは、簡単に言えば神社のお賽銭箱へ壱万円札を入れること。できればそれほど御利益のなさそうな神社だとなお良し。つまり、あまり意味のないことにお金を使って、天下の回りものであるお金を世間に回すことが目的です。

これが募金箱のような目的が明確なモノだと、そこへお金がとどまるわけですからダメなのです。あくまでお金を世間に回すことが目的ですから、神社の人の収入となって普段のお買い物などで消費してもらった方が目的にかなっています。

というわけで、それほど御利益がなさそうなというのは大変失礼なのですが、例年、知人が神主さんをやってる神社のお賽銭箱へ入れています。この神社は屋台も出ているので子ども達も喜んで一石二鳥という訳です。

最初の頃は壱万円札を入れるのをビビっていましたが、今ではもう普通の感覚でお賽銭を入れています。なぜなら、この壱万円札は必ず世間を回り回って何らかのカタチで自分の元へ戻ってくるという確信があるからです。

とは言うものの、けっして見返りを求めてお賽銭を出している訳でもありません。そうではなく、稼ぎとしてのお金をもらう前に、先にお金を世間に渡しているだけのことなんです。卵が先か鶏が先がという話ですね。

モノが流通するときもそうですが、自分の手元にさまざまな商品が経由することで富が舞い降りてきます。逆に商品の流通が滞ると手元にお金が舞い降りてきません。これが天下の回りものであるお金の性質です。お金が世の中に回っていることが健全な姿なのです。

サラリーマンは会社に自分の時間(人生)を切り売りして稼いでいるわけですから、そういうお金の性質を実感しにくいと思います。自分が会社に売り渡している時間の価値に気づけば、私が言っていることの意味が解ってくるだろうし、これからの仕事の仕方にも変化があるはず。

この神社ミッションについて詳しく知りたければ、こちらのサイト記事を参考にして下さい。私は神社ミッションの提唱者である心屋仁之助の著書を読んでから始めましたが、今では自分なりに解釈してミッションを実行しています。

【神社ミッション】賽銭箱に一万円札を入れる人が急増中? – NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2141317796826657601

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

工事を依頼するときは値引きをしない方が良い理由

最近、家電量販店や車のディーラーで購入することがなくなったので良く解りませんが、今もお店で値引きをする人はいるのでしょうか? ネット通販で購入するのが当たり前の時代になると、価格設定からさらに値引きをするという感覚が薄れてきたように感じています。

まぁ値引きを前提としたお店だとOKかもしれませんが、そうではない工事や修理などで値引きをすることは強くオススメしません。その理由は一つ。値引きをすると業者は必ずどこかで手抜きをしないといけないからです。

よくあるのが消費税分を値引きしてくれという値引き交渉。業者もノルマをこなさなければいけない事情もあり値引きに応じますが、その際は必ずと言って良いほど作業の手抜きをしなければいけなくなる可能性が大です。

手抜きといっても悪意があってやっている訳ではありません。単純に利益が減る分だけ時間を短縮したりして対応する必要があるからです。業者の価格設定とはそういう細かな計算で設定されています。

もちろんその価格設定には遊びの部分があって、本当なら追加料金をもらうかどうか微妙なところをサービスとしてやることも可能です。しかし消費税分を値引きすれば、そういう遊びがなくなってしまいます。

たまに業界の標準価格よりも安い価格で売り込んでくる業者がいますが、これは最初から作業工程を抜いて対応することを前提とした価格設定になっています。当然ですよね。安いモノは安いだけの理由があるのです。

家庭内のちょっとしたリフォーム工事や修繕などにかかる価格にはある程度の基準額があります。例えば、1人の職人が出張すると税別で約18,000円/日ほど経費がかかります。それに作業料金がプラスされる感じですね。

そうした基準額を基にして会社は売上予測を立てています。値引きに応じるとは、そうした損失分をどこかで取り戻す見込みがないと気軽に応じられるものではないのです。<このあたりは営業マンの手腕にもよりますね。

それとは別の理由で値引きに応じる業者もいないわけではありません。それは単純にどんぶり勘定で経営をしている業者さんです。わりと個人商店などに多いですね。そんな程度の仕上がりで十分と割り切れば、まぁ利用する手もありでしょう…

今年、必ず身に付けたい成功の鉄則はこれ!

昨年いざという場面でなかなか出来なかったことを、今年はなんとしても身に付けたいと思っていることがあります。それは、これが出来ると鬼に金棒という成功の鉄則です。実際、出来たときはかなりの確率で上手くいきました。

それはどんなことかというと… 「いざという場面で、できない理由を考えないこと」。物事が上手くいかないときほど、いざ行動しようとした時に気後れしてしまって「それができない理由」を考えてしまい行動にブレーキがかかってしまうのです。

総じて物事が上手くいくかどうかの可否は、自分が行動するかどうかにかかっています。つまり、相手がどう思うかはほとんど関係がありません。こんなことをしたら相手はどう思うかを考えることは「それができない理由」をひねり出している行為なのです。

たとえば、男性がある女性へアタックしたいと思ったときに最も邪魔になるのが自分自身の良心ブレーキです。もしもアタックして相手に断られたらどうしようと行動する前に考えてしまうと、とっても怪しいアタックになって不審がられてしまいます。相手の気持ちを考えるふりをして、実は自分の保身を考え出しているんですね。

僕は貴女が好きなんだ!貴女が欲しい!という熱意をストレートに伝えるだけでいいんです。「できない理由」が脳裏によぎると、なぜ好きなのかという理由をあれこれ説明する怪しさ満点なアタックになってしまいがち。基本は、当たって砕けろ!です。

それは恋愛のみならず、いろんな営業にも通じる成功の鉄則です。人はだれでも「それができない理由」を即座に考え出します。成功できない人ほど誰よりも数多く考え出します。仕事はもちろんのこと生活のあらゆる場面で、相手がいればそれは営業です。

昨年は多くの(広義の意味で)営業する場面において、瞬間的に「それができない理由」を考えてしまい失敗を繰り返してしまいました。ほんとに自分でも情けないほどに失敗を繰り返してきました。

生活の小さな場面では、目覚めの布団の中で「あともう10分ほど…」と思って起きれなかったり… これも 「それができない理由」 を考えているわけです。後になって必ず「もう10分早く起きていれば…」と失敗につながってしまうのです。

そのためにも、今年の抱負は「行動する前には何も考えない」という成功の鉄則を忠実に守ること。日々の生活の中で小さな成功を積み上げていき、成功体質を身に付ける。これに尽きます。

かかとの角質を取る危険な裏技

かかとの角質をどうケアするか。私のかかとも年相応にかなり角質が層になって固まっています。いや、いました。今はすっきりと取れて、とてもスベスベなお足裏になっています。

なんて言いますが、実はこれまったくの怪我の功名です。だから「超」危険な裏技と言えます。ほんと目からウロコが落ちるくらいスッキリと角質がキレイに取れました。

してその裏技とは… お風呂掃除をすること(笑) いや、そうではなく本気モードで3時間もかけてお風呂の大掃除をしたら、結果的に角質がキレイに取れてしまったという訳です。

私のお風呂掃除はリフォーム業として本業ですから、当然ながらプロのお掃除です。通常ならばマジックリンのような洗剤を使うところを、カビハイターをまるまる2本以上使い切ってやるお風呂掃除です。

手は保護のためにゴム手袋をしていますが、足は素足でやっています。普段の依頼仕事ではカビハイター液が溜まった床に長時間素足を漬けませんが、たまたま自宅のお風呂掃除では長時間ふつうにカビハイター液に素足を漬けていました。

そして大掃除後にお湯をはってお風呂にはいったところ、自分の足がヒリヒリと染みることで角質がまったくなくなっていることに気がついた次第です。いやホントにスベスベな足裏になって驚きました。

でもカビハイター液に直接に素足を漬ければ角質がキレイに取れるかどうかは保証できません。なにせ3時間もかけてお風呂大掃除をした結果、たまたま角質がキレイに取れてしまったのが真相ですから。

もちろんその夜から翌日にかけて、ずっと足裏が痛くて歩きにくい状態でした。そりゃ仕方がないですよね。もしも試してみる場合は、自己責任でよろしくお願いいたします。

いままでにも無茶苦茶な薬の飲み方をして危ない自己人体実験などをやってきましたが、このカビハイターでの角質除去は驚くほどの効果です。もちろん、上手くいくかどうかは運任せですがね… (苦笑)




結婚してると病気と貧乏で助かる

お金がないから結婚できないという理由が、いまだに理解できな私です。結婚ってたかだか役所に届けるだけの制度ですよ。で、別れるときも紙切れ一枚ですね。お金よりも、2人がこれからどうしたいかを考えるのが結婚だと思うのです。

昭和63年に結婚をした私は、もう30年以上も結婚生活を続けています。当時の私は21歳でお金もなく、結婚式も写真撮影もなにもできませんでした。でもちゃんと結婚できました。まぁ今更どうでもいいかって感じですけどね。

そして30年以上も結婚状態をやっていてほんとに助かったと感じるのは「病気」と「貧乏」です。どちらも独身だったら大変ですよ。特に身内が高齢になるとなおさらです。

今現在、我が家は病気と貧乏の両方を抱えています。奥さんが病気を抱えていて、私が貧乏(借金)を抱えています。で、奥さんの病気は私がサポートし、私の貧乏は奥さんが支えてくれています。

もしも奥さんが元気で働いてくれていたとしたら、私は今のような猛烈な仕事はできなかったでしょう。今のように奥さんが専業主婦で家庭を明るく守り支えてくてれているから貧乏を乗り越える気概でお金を稼ぐことができます。

これが結婚の一番の利点だと思います。愛とお金でも結婚生活は充実できるでしょうが、それは別に結婚していなくても充実できること。病気と貧乏は苦難ですが、結婚しているからこそ明るく乗り切れることができます。

こんな単純に結婚生活について語るのは浅い切り口かもしれませんが、これは今の生活から病気と貧乏について実感していることです。たぶん結婚をしていなかったら、こんなに楽天的に病気と貧乏ライフを楽しめなかったと思います。

歳をとってお互いを支えあうために手を繋いで歩く高齢夫婦をみると、これが結婚の本当の意味なんだなと思うところです。そこには愛とかお金は必ずしも必要ではありません。

結婚して子供をもうけることも人類的には意味のあることでしょうが、人間的には病気と貧乏に備えるための結婚がもっとも意味のあることだと感じています。

2019年も猛烈に進みます

2ヶ月以上もブログ更新を休んでいたら、いつの間にかお正月になってしまいました。この間、朝から夜までひたすら働いていた次第です。経営者マインドでいると、とにかく働き続けるしかないという感じです。

もちろん2019年も同じように、働くために猛烈に進みます。少なくとも3年目には経営者としての結果が出せるようにします。ゆっくりと休みを取るのはそれからですね。

それでも、バカみたいに働いているだけでは柔軟な思考が持てなくなるので、今までのようにブログ発信をするためのスキマ時間を創りたいです。なんでも一途に突き進むのだけは危険ですから。

2018年の失敗は、バカみたいに働き続けて右手のシビれがでてきたことです。かなり無茶な肉体労働をしても平気でしたが、やはり身体に無理がきました。加齢による頸椎のトラブルで神経が圧迫され、右手にシビれ感が出ています。

このシビれ感が自分の身体が動くバロメーターになったと考えれば、逆に便利になりました(笑) 無茶をしたらすぐに手のシビれ感というアラームが出ます。用心しないとね。

2019年の目標は、スーパーやコンビニで財布の中身を気にせずに買い物ができるようになること。Amazonで欲しい本がすぐにポチれるような自由に使えるお金を得ること。わかりやすいでしょ(笑)

こうした日常的な物欲が、頑張って働くぞという気持ちに繋がります。大きな目標はさておいて、こうした小さな目標に向けて頑張るぞ!

ちなみに… 2年後、もしくは3年後のお正月は、海外の暖かい南の島で年末年始を過ごす予定。経営者の野望は、サラリーマンとはまったく別次元なのですよ。

本を115冊ブックオフで売ってみたら…



 
最近、深夜にコソコソと断捨離をしています。
服やら、本やら、書類やら、いろいろと捨てるモノがありすぎますので。
そして今日は一気に115冊ほど、ブックオフへ買取で持ち込んでみました。

私が読んでいる本ですから、割とブックオフに置いていない系の本も多いです。
あと、便利屋時代に不用品処分で引き取った本もいくらかありました。
なにげに買いそろえた選挙攻略本?もあります。

ブックオフで高く売れる本といえば、単純にブックオフに在庫が少ない本でしょう。
と言っても、一般的な買い取り価格は5円、一番高い本で300円ですよ(苦笑)
ということは、とにかく大量に持ち込まないと高くは売れないということです。

 
で、115冊の本がいくらで売れたかというと…

しめて、6,545円です。

1冊あたり、約57円になります。
これが高いのか安いのかは… どうなんでしょうか。

いちおう念のために言うと、ほとんどの本は買い取り価格が5円です。
つまり、ブックオフで売ってる100円本の原価は5円ですわ。
まぁ会社としての必要経費を考えると、これでもギリギリかなと思います。

 
今回、本を処分して思ったことは、
人は置かれた環境が変わると、読む本のジャンルがガラッと変わるということですね。
あれだけ「へぇ〜」っと関心した内容の本も、今読み返してみると「なんじゃこれ?」みたいな(苦笑)

いつまでも同じ本を大切に読んでいるひとと言うのは、置かれた立場や環境が変わっていない人なのかもしれません。
でも私ほど劇的に環境が変わる人は、そうそういないと思いますよ。

今、本棚には経営やマーケティング、歴史や心理学の本で埋まっています。
自己啓発系の本はほとんど処分しました。今さら、自己啓発もないでしょう。
自分を変えたければ、行動すれば良いというだけの単純な話です。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

年齢の見え方はマインドで変わります



 
多くの方が私が51歳だというと驚かれます。
えー! ほんとですか? ぜんぜん50代に見えません。
そりゃそうでしょ(笑) 老眼もないし、白髪もほとんどないし、身体はいつもパワフルだし、おまけに疲れないし…

いやいや、そういう訳でもないんですけどねぇ
疲れた時でもパワフルに見せれる体力があるだけなんですよ。あとは、マインドです。
自分自身では、いまだに30代くらいの気持ちですから。

もう歳だからできないと考えたことは一度もありません。
身体が疲れたら、どうにかして疲れを取る方法を考えればいいんです。<コーラを大量摂取するとか(笑)
あと、身体に悪いこと(お酒、タバコ、運動不足、食べ過ぎ)は努めて止めています。

 
どんなに顔や身体が年相応に老けたとしても、見た目が若ければ年相応には見られません。
いつも笑顔と張りのある柔らかい声で人と接する。
目の前の人に興味を持つということも大切です。

もう一つ、人に依存しないことも重要なマインドです。
どんな小さな事でも、ちゃんと自分で決めて責任を持つ。
正直、まだ不足なことが多々ありますが、出来なかったときは次に出来るようマインドを変えます。

ちゃんと口に出して、「今度からは○○します」と宣言するのです。
いくら反省をしても人の心は変わりません。声に出して宣言するのです。言霊の作用ですね。
たとえ間違いをおかしたとしても、すぐに気がついて宣言することを繰り返さないと行動は変わりません。

 
元気で活気ある高齢者と接していると、物理的な年齢ほどアテにならないものはないと感じます。
まずは健康が第一ですが、その健康を保つための必要なものはマインドです。
世間の動きに興味を持ち、自分も積極的に世間に関わっていく。

あとは、人を育てることも大切です。
自分1人だけでは、なにも成し遂げることができません。
人を育てるという意識を持つことで、自分のマインドがさらにパワーアップされます。

これらはすべて人生の先輩達から教わりました。
尊敬できる年配者と付き合うことも大切だし、これから育つ若者と付き合うことも大切です。
先駆者の生き様から学び、それを後継者に伝えていく。こうした歴史を意識することがマインドを作ります。

なんて偉そうに言ってるけど、これは自分自身への宣言でもあるわけですよ(苦笑)

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ