昨日の自分をライバルにすれば、他人への嫉妬すら感じない

 
「私はこんなに頑張ってるのに、なんであの人に追い越されるの!」なんて意味の無い嫉妬はもうやめましょ。

どんなに自分と他人を比較しても、そもそも身体も知力も環境も異なる他人と比べること自体に無理があります。スタート地点が異なる人と競争するなんてナンセンス。

学生時代や会社の中にいると、その限られた狭い環境の中だけで意図的に競争をさせられるから、そういうそもそもの設定が違うことに気がつかなくなってしまうのです。ある意味で催眠状態なわけです。冷静になって考えてみればすぐに解ることなんですけどね。

もしも、スタート地点が異なる人同士をわざとけしかけて競争させる上司・教師がいるなら、もうそこから逃げ出した方がいいです。そのまま頑張ってしがみついても、そういう職場や学校は数年の内に崩壊しますから。

もしも競争をしてモチベーションを上げたいなら、迷いなく昨日の自分をライバル視してください。スポーツであれば昨日の自分が出したタイムや、昨日の自分が練習したメニューなどと張り合うのがベスト。そうすることで、自分自身が成長していることもすぐに視覚化されます。

芸術系であれば、頭の中で自分が置かれた状況をイメージして、様々な場面での自分を妄想?します。例えば、音楽であれば今日のお客さんを具体的にイメージして、その前に立つ自分をイメージしながら演奏してみる。明日は、また違うお客さんをイメージします。

仕事であれば、昨日の自分を引き継いでお客さまと接します。昨日の自分よりもさらに好印象に務めるか、昨日の自分ではできなかったサービスを心がけるとか。昨日の自分よりも1秒でも多く笑顔で接するとか。

他人と自分を比較することを止めれば、他人への無意味な嫉妬心もおきませんし、他人の成功も一緒に喜ぶことができます。余分な雑音が少なければ、それだけ自分のためにエネルギーを使うこともできます。

あとは… そうやって昨日の自分をライバルにして日々成長を目指す。。。 という行動を起こすのが大変なんですよね。
だから、やはり他人と比較するのが楽で簡単なんでしょう(苦笑)

その代わり、それが良いと知ってても誰も行動しないから、ホントに行動さえすればそれなりの成果を実感できます。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

ブログは何のために書くの? 実は奥が深いのです

 
今日、2月6日は「ブログの日」。ブ(2)ログ(6)で、2月6日。サイバーエージェントさんが日本記念日協会に登録料10万円を支払って制定した記念日です。ブログをたくさん書いてくれれば儲かる方々が、ブログの日を制定しました(笑)

で、「ブログは何のために書くのか」を考えてみたとき、ただ文章を書くのが好きだから書いてるんでしょと思う人は多いですよね。FacebookやTwitterへの書き込みも、同じように好きだから書いていると。

でも中には、これらを自身のプロモーションと最初から目的を絞って書く人が少なからずいます。「私はこういう人です」と、なりたい自分を演出させて見せるために書くわけです。そうでなくても、ネット上で「見せること」と「見せないこと」を区分けして書き込むことだけでも、それなりの効果がありますから。

Facebookなどでも注意して見てると、見せたい自分だけを意図的にクローズアップして書き込みしている人がいます。ブログやSNSで多く露出している人ほど、見せたい自分を演出して見せている人は多いのです。

会社の出張のたびに、地方での美味しいグルメ写真をアップし続けるだけで、この人はグルメ系旅行に詳しくて、いろんな面白い話をするんだろうなと思わせるわけです。この手法を効果的に使えば、なりたい自分をネット上で演出することで、何もしない人に比べて劇的なスピードでなりたい自分になることができます。

例えば、定年後は今まで趣味で細々とやっていた山登りをいっぱい楽しもうと思ったら、定年の数年まえから山登りに関する記事をブログやSNSに書き込んでいけば、定年の頃には自分の周囲に山登り友達がたくさんできているという感じです。

数年後にどんな自分になりたいかという目標を決めたら、それに向かって自分をプロモーションしていくわけです。何もしないで山登り友達を作ろうと思っても、あなたを引き上げてくれる他人は現れません。< ものすごく外見の見栄えが良ければ別ですが…

いや、私はネットに詳しくないから… という人ほど、ネットが苦手なのではなく、単にそういう知識やノウハウを知らないだけのこと。ブログやSNSに投稿するのに、ネットやパソコンに詳しくなる必要は何もありません。

世間では「ブログを書く人は、文章を書くのが好きな人」という感じで見ているでしょうが、実はそういう自己プロデュース戦略を考えて書いている人が少なからずいるのです。ブログだってSNS投稿だって、実は本人が書いていなくてゴーストライターに書かせている人もいるくらいですから。

世の中のニッチなことをネットに書けば書くほど、ネット上のみならず世間にも名が知れ渡るというのが今の時代です。上手くすれば、1人だけが食っていけるような「超」ニッチなジャンルで第一人者になることもできる… かもしれません。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

会社を辞めようと思ったら、まずやるべきこと

 
私が30年間務めた自衛官を辞めようと考えたのは、東日本大震災で何もなくなった被災地に立ったときでした。あの現場で、これからは家族と一緒にいたいと思ったからです。

それから本当に自衛隊を中途退職するまでに3年半ほどかかりました。当初の3年間は、自分がこれから組織から離れて自由に生きていけるだけのマインドに切り変えることに費やし、残りの半年は辞めるための準備期間でした。

その3年間、年間200冊以上のペースで様々な本を読み続け、いろんなセミナーにも参加し、自分のマインドを変えることに費やしたわけです。今になって思うとそんな3年間も必要なかったし、思い立った時にすぐに辞表を出すべきだったかなと考えもします。

ただ、それほどまでに安定した公務員を辞めるということは、なかなか決心がつかないことでした。まして、生まれたばかりの末っ子をはじめ、5人の子持ち家庭でしたから… 最終的には、定年後に立候補するつもりだった議員選挙を12年ほど前倒しにするというカタチで退職をしました。

今になって思うと、もしも会社を辞めようと思ったなら、もっと別にやるべきことがあったと思いますが、今となっては後の祭りですね。

まず、会社員や公務員の一番の強みは社会的な信用です。ですから、クレジットカードやキャッシング付きの銀行口座とか、そういうものを作るのは自営業にはものすごくハードルが高いです。たとえ年会費がかかるとしても、JCBやアメックスなどのカードは公務員時代に作っておくべきでしたね。<これマジ。

サラリーマン時代に自宅を購入した人であれば、より安い金利の住宅ローンへ借り換えることも必要です。そういうことは、会社員を辞めたとたんに何もできなくなります。社会的な信用がゼロになるとは、そういうことです。自営業で初年度から何千万円と稼いだとしても、社会的な信用はゼロのままです。

サラリーマンと自営業というのは、野良猫と室内飼い猫くらいに違う人生です。一方は捕まっても飼い主に戻されますが、もう一方は殺処分です。お互いに共有できる価値観や、社会的な信用度が大きく異なります。会社を辞める前に、そうした自営業が苦手な面をクリアしておくことで、いざという時の大きな助けになります。

そして最も大切なのは「健康」です。できるなら、お酒やタバコも止めるべき。お酒やタバコがストレス解消と思うなら、そんなストレスを貯めるマインドを変えるべきです。サラリーマンとしての働き方をすべて捨て去る覚悟を決めないと、自営業で稼ぐのはキツいですよ。

1日24時間は誰もが同じだと思っていましたが、お酒を止めたとたんに自分が自由に使える時間が2倍に増えました。それくらいお酒は(知的に過ごせる)時間を奪ってしまいます。あ、それとゲームも全部捨てましょう。スマホにゲームアプリなんて、お酒を飲むより危ないですよ!

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

間違えたら直せばいいじゃないですか

 
私は自分の意見を自信を持ってブログに書いているように見えるかもしれませんが… 実は根拠のある自信はほとんど持ち合わせていません。

いろんなリスクを恐れずに自信を持って行動しているように見えるかもしれませんが… 実はかなりの感覚派人間で、だいたい直感で動いています。ただし、逃げ足は誰よりも速いです。ヤバいと直感で感じたら、その兆候が見える前にさりげなく撤退します。

どんなに根拠のない自信を持って行動しても、間違えたときはすぐに方向性を直します。とりあえず前に進んでみて、もし違う道に迷ってしまったら、分岐点まで戻る。日々その繰り返しです。

なぜそんなとこが平気でできるかというと、すべてを自分の判断と責任で決断しているからです。その判断に他人が介入しないから、自分ですぐに決断を変えることができます。

判断を他人に依存していないから、自分をよく見せたいというプライドとも無縁です。一応、人の目を気にしている風を装っていますが、それはかなりポーズです(笑)

それは、たとえサラリーマンであっても同じこと。間違えたら直せば良いのです

もしも他人(上司)の判断を仰がなければならないとしても、あらかじめ自分で次の行動を準備することはできます。実際に動くのは自分なのですから、自分がどう動くかまでを上司に指示を求める必要はありません。

 もしもそれが勝手な行動だと怒られたとしても、次の時は指示をあおぐついでに行動の提案をすれば良いんです。そうやって、相手のパターンを探りながら、お互いに最善の方法を見つければよいだけのこと。

他人の言葉に左右されず、間違えたら直せば良いじゃんと心と身体を軽く持つことが大切です。自分が気楽にニコニコしていれば、そんなに悪い方向へは行きません。たぶん…

私が以前に選挙で落選した時、翌日まったく身体が動かなくなってしまいマッサージ屋で身体をほぐしてもらいました。どうしたら良いのか解らなくなったら、とりあえずは身体を軽くすることをやってみてください。お散歩や軽いジョギングでも良いですね。

自分1人がどんなに間違っても、地球を何度も破滅させる核兵器ほどの実力はないのだから、起こりもしないもしものことを考えて心配するのはホントに無駄! 人生はそんなもんですよ。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

「損をして得をとれ」とはどういうことか?

 
普通の人は、目の前の短期的な得をとります。あきらかに損だと感じることは、普通にやりませんよね。

先日の関東地方大雪の朝、私は自分の家の前のみならず、近所の家の前もすべて雪かきをし、幹線道路から自宅までの家3軒分の道筋をすべて雪かきしました。ついでに午前中ずっと汗だくになって、バス停までの歩道もすべて雪をどけました。

こうすることで、その日からずっと雪の影響を受けずに普通に車に乗ることができています。他の場所では未だに道路に溜まった雪が凍りつき、危ない箇所がたくさんあるのが現状です。

スーパーの駐車場などで本来の場所じゃないところにカートが放置されていれば元に戻しますし、誰にも頼まれていないのに近所の草むしりもします。自分を取り巻く場所を心地よい環境にすることで、自分自身の心が荒むことを防いでいるわけです。

PTA会長も即決で引き受けたり、地域活動でも気軽に代表を引き受けています。そのおかげでいろんな地域の仕組みを知ったり、それまでは知り合うことがなかった人たちとも繋がりができました。

月に10日くらいはそうしたボランティア活動をしていますが、そのお陰でいろんなことを知り、それがビジネスにも活かされています。ボランティア活動なのですが、自分のチャンスを広げて将来の収益に役立っています。

私はあきらかに不可能なこと以外は、他人からのお願いを即決で引き受けています。中には内容を聞かずにお引き受けすることもしばしば。その人が私にできるだろうと思って頼んでいるわけですから、当然ながら私は軽くできてしまうのです。断る理由さえありませんね。

よく「今は忙しいから落ちついたら考えます」という人は、いつまで待っても落ち着くことはありません。そう言ってしまった手前、暇な自分を見せることができなくなってしまうからです。軽く引き受けてしまえば心が楽なのに、できない理由を言ったとたんに自分の首を絞めてしまいます。

「損をして得をとれ」とは、一見して損に見えることの行き先を見通すことができる知力をつけろという意味です。短期的に得をすることでも、その先になんらかの影響でしっぺ返しをくらうことが多々あります。政府から補助金をもらって喜んでも、その財源は借金よって賄っていることを見通せるかという話ですね。

さらに「損なこと」はチャンスが詰まった宝の山です。誰も手を出したがらないことを得に変えることができれば、人生のどんな苦難も楽しく乗りきるすべを身に付けることができます。これこそが「損をして得をとれ」のお得感ですね。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

変えることができるのは自分と未来だけ

 
過去と他人は変えられない。しかし、いまここから始まる未来と自分は変えられる。(エリック・バーン)

そんなことは解っていても、過去に過ぎたことをウダウダと言う人は多いものです。あのとき○○していたら… あいつがあんなことをしなければ… とか。

過去はもう変えることができないし、他人も変えることはできません。世間の親の多くが子供に言う常套句、「なんでそんなことをしたの?」という言葉には、実はなんの意味もありません。

今までの価値観で捉えると、過去の積み重ねによって未来が決まるとされてきました。学生時代によく勉強した子は、将来の勝ち組が約束されている… 良い大学へ進んで、大企業に就職するなんてコースは、もう過去の思い出話です。

未来は過去の積み重ねではありません。今現在の自分が決めたことが未来となります。つまり、未来は自分自身の手で掴むもの。そこに過ぎ去ってしまった過去は大した意味がありません。

すべては、今の自分が未来に対して何をイメージするかで決まります。今夜の夕食でお寿司を食べようとイメージした人が、近い未来にお寿司を食べることができます。昨夜に天丼を食べた人は、その結果として今夜はお寿司を食べるなどという因果関係はないのです。

もしも自分に予期せぬ出来事があったとして、その結果、自分自身の人生が変わってしまったとしても、それは他者によって変わってしまったのではなく、自分自身が変わることの方が楽だったからに過ぎません。

もしも意図的に未来を変えようと思えば、その未来をイメージし、そのために何をすれば良いかを考え、それを実行する。もしも上手くいかなければ、そこからまた方向修正をする。そうして自分と未来は変えることができます。

そうではなく、過去の思い出にこだわったり、他人を変えてなんとかしようと思っても何も得られません。自分にはもう頑張る元気や体力がないからと諦める人がなんと多いことか。世間は、何もしないで諦める人だらけです。

いつも降りている駅の一つ手前で降り、そこから歩いて目的地へ向かう。そんなちょっとした決断と行動だけで、自分と未来は大きく変わるんです。たったそれだけのことなんですよ。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

お金がないときはどうすれば良いか?

 
公務員(自衛官)の時は、どんなにお金がなくても給料日がくれば… ボーナスが支給されれば… 年末調整が入れば… と思ってジッと待っていました。

民間会社の歩合制で働き出したときは、働いた日数や仕事量によってもらえる金額が変わってくるので、給料日は数ある手段の一つと考え、平行して他のお金儲けも考えていました。足りなきゃ、別で稼ぐという考えです。

そして今は一匹狼の自営業。お金がいつ入ってくるかなどは、もう考えるだけ無駄。仕事がなきゃ、仕事が回ってくる流れを作る! これが自営業の常識。

お国や会社に雇われている時は、お金は誰かから与えられるという感覚でした。仕事の対価としてお金をいただくというのは一見して当たり前のようですが、自分の時間を切り売りしてお金に交換しているだけのことです。

だからお金が足りなければ、別の仕事を追加してさらに自分の残り時間を切り売りすることが当然のことだと思っていました。

ところが自営業になると… お金に対する考え方や不安感が、それまでの雇われ人の時とはまったく異なる感覚になってきます。

そもそも、お金というものは世の中にグルグルと回っているものなんです。たまたま自分のところに回ってきたときに、手数料とか通行税みたいな感じで多少の手間賃を頂くという感じです。

だから、お金が入ってくればくるほど、自分もお金を使って世の中にグルグルと回していくことが肝心。流れを止めることはタブーです。

たくさんお金を回せば回すほど、世の中で面白いことができるようになります。例えば、そのお金でまた別の事業を興すとか、自分が面白いと思うところや人に投資するとか。そうやって世の中で信頼を得ていくツールがお金です

だから、お金がなくて不安を感じるよりも、お金がなければお金が回っている場所を見つけ、そこへ移動すれば良いという感覚です。これ、サラリーマンをやってるときには想像すらできませんでした。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

失敗が許されない時代に、1人で勝手に失敗をする醍醐味

 
今、世間の何か窮屈かというと、どんな小さなことでも失敗が許されないという世間の風潮です。

私が20代の頃(平成初期)は、私が所属していた自衛隊の中でさえある程度の失敗が許される自由度がありました。世間の誰も自衛隊に関心を持たない時代でしたから、そりゃもうお気楽な時代です。

ちなみに、自衛隊がテレビニュースで扱われ出したのは、カンボジアのPKO派遣(1992年)からです。それまでは災害派遣でもテレビの画面に映ることすらありませんでした。

私は自衛隊音楽隊のイベントを任され好き勝手なことをやっていましたが、今考えると明らかに大失敗と言わざるを得ないことでも、まぁ別にいいんじゃないのという感じの無関心で、誰もその失敗をとがめい雰囲気でした。私自身も冒険的なことをたくさんやらせて頂き、それらは自分自身の大きな財産となりました。

これが今の時代だと、なにがあろうと失敗は許されません。そもそも成功への根拠のない企画はOKがでませんから、前例のないことは何もできないというムードです。

これが政府や自治体だともう大変です。前例のないことは予算が下りませんから、時代のニーズに合わせた新しいことは一切できない仕組みになっています。希に政治家が後押しして通る企画もありますが、それが転けるとタブーになってしまい、もう二度とその企画書は通りません。

そんな時代だからこそ、前例のないことを1人で勝手にやったとしてもライバルすらいない状況です。これはと思ったアイデアは、自分がリスクを背負いさえすれば何でもできてしまいます。

もしもその企画が成功すれば、背負ったリスクの対価として自分がその企画の第一人者になることができるのです。成功事例をパッケージにして売り込むという、先行者利益も得ることができます。

私から見ると、そこいら中にチャンスが転がっている時代です。誰もホントに行動しないのですから、好き勝手放題という感じですね。

しかしながら、実はこうした時代はもうすぐ終わろうとしています。それもあと数年〜10年くらいかもしれません。そのことが理解できている人と、そうでない人との差は、もう縮められるレベルじゃないくらい大きいのです。。。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ