今の時代に手に職をつけるならネットでググって実践するのが現実的

手に職をつけると言うと、親方に弟子入りして仕事を学ぶのが一般的だと思われてますね。

でもねぇ、今の時代にそんな昔ながらの方法で手に職をつける職人って、ほとんど見かけなくなりました。そもそも昔で言う親方って存在は年齢とともに激減しています。

親方に弟子入りして職人になる方法はほとんど皆無で、たいていは社員となって与えられた仕事をしながら技術を覚えるパターンです。

それと親方が教えてくれることって、普通にネットでググれば情報が入手できる時代ですしね。

私はリフォーム業で職人やってますけど、今まで一番勉強になったのは、ホームセンターに置いてある小冊子です。

郊外型の大きなホームセンターへ行くと、いろんなDIYが書かれたパンフレット状の小冊子があります。

あれを全シリーズ(50冊くらい)集めて、ブロとしてお金を頂くという視点で読みこみます。

それらの基礎知識を基に、あとは要所要所でネットで調べたり、実践の場で経験値をフル動員させて考えながら大抵の技術は身につきます。

ネットでググるときは必ずプロとしてお金を頂くという視点で情報を集めます。

どんなことでもそうですが、最初からちゃんと目的を明確に持っていないと必要な情報は集まりません。

親方から学ぶときも、単に知識や技術を学ぶことではなく、プロとしてお金を稼ぐという心構えを学ぶのです。

そして何よりも重要なのは、それらのことを実践の現場に活かすということ。

困難な場面やトラブルに遭遇したとき、単に技術的に解決するのではなく、お客さんに満足してもらうためにどうすれば良いか? そういう視点で問題解決に当たります。

必要なのは自分自身の心がけ(視点)であり、親方に学んだとかネットでググったということではありません。

この基本的な姿勢を学ぶための仕組みが、親方と弟子という関係です。

私はこのことを、音楽家として活動した前人生において楽器の師匠から学びました。

今こうしてリフォーム職人として食べていけるのも、前人生で30年間プロ音楽家をやっていたお陰ですね。

もちろん知識や技術は必要ですが、それより大切なのはプロとして実践する自分自身の心意気です。

手に職というと技術的なことに目が行きがちですが、仕事をする上で重要なマインドはどの仕事でも同じだと思います。

職人マインドさえあれば、親方に就こうがネットでググろうが結果は同じです。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

工事を依頼するときは値引きをしない方が良い理由

最近、家電量販店や車のディーラーで購入することがなくなったので良く解りませんが、今もお店で値引きをする人はいるのでしょうか? ネット通販で購入するのが当たり前の時代になると、価格設定からさらに値引きをするという感覚が薄れてきたように感じています。

まぁ値引きを前提としたお店だとOKかもしれませんが、そうではない工事や修理などで値引きをすることは強くオススメしません。その理由は一つ。値引きをすると業者は必ずどこかで手抜きをしないといけないからです。

よくあるのが消費税分を値引きしてくれという値引き交渉。業者もノルマをこなさなければいけない事情もあり値引きに応じますが、その際は必ずと言って良いほど作業の手抜きをしなければいけなくなる可能性が大です。

手抜きといっても悪意があってやっている訳ではありません。単純に利益が減る分だけ時間を短縮したりして対応する必要があるからです。業者の価格設定とはそういう細かな計算で設定されています。

もちろんその価格設定には遊びの部分があって、本当なら追加料金をもらうかどうか微妙なところをサービスとしてやることも可能です。しかし消費税分を値引きすれば、そういう遊びがなくなってしまいます。

たまに業界の標準価格よりも安い価格で売り込んでくる業者がいますが、これは最初から作業工程を抜いて対応することを前提とした価格設定になっています。当然ですよね。安いモノは安いだけの理由があるのです。

家庭内のちょっとしたリフォーム工事や修繕などにかかる価格にはある程度の基準額があります。例えば、1人の職人が出張すると税別で約18,000円/日ほど経費がかかります。それに作業料金がプラスされる感じですね。

そうした基準額を基にして会社は売上予測を立てています。値引きに応じるとは、そうした損失分をどこかで取り戻す見込みがないと気軽に応じられるものではないのです。<このあたりは営業マンの手腕にもよりますね。

それとは別の理由で値引きに応じる業者もいないわけではありません。それは単純にどんぶり勘定で経営をしている業者さんです。わりと個人商店などに多いですね。そんな程度の仕上がりで十分と割り切れば、まぁ利用する手もありでしょう…

自分がホントに好きなことはなんだろうか?



 
自分がホントに好きなことはなんだろうかと考えたことがありますか?

 
今まで私は、「自分は音楽が一番好きだ」となんとなく思っていました。

と言いつつも、プロとして楽隊で自分の好まない指揮者の下で楽器を演奏することの無気力さにも嫌気を感じていました。

どんなに楽器を演奏するという他人から見るとうらやむような仕事であっても、組織の中にいるかぎりはその目的に沿ったことをやるサラリーマンですから。

 
今はいろいろあって楽器を弾くことを止めてしまいましたが、未だ音楽は学生(吹奏楽部)たちへの音楽指導(外部コーチ)というカタチで関わっています。

学生たちの演奏する音楽が上達し、それを聴いたお客さんたちが喜んでいただけるのがとても楽しいと感じています。

つまり、単純に音楽が好きというよりも、音楽によって得られるその先の何かが好きだということになります。

 
それは音楽でなく便利屋の仕事でも同じこと。他ではなかなか引き受け手がいない手助けを頼まれ、それをこなして依頼者に喜んで頂けるのがとても楽しいのです。

政治をやりたいと思ったのも、きっとそういう思いだったのでしょう。何かを大きく変えるというのではなく、(東日本大震災の現場で強く感じた)人々に元気になってもらいたいという想いです。

今のところ、その一番の手段が音楽や便利屋という仕事なわけですね。50歳を超えて、やっとそのことにハッキリと気づきました。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

便利屋って実際どうなの?



 
便利屋を開業していつの間にか1年5ヶ月が過ぎました。おかげさまでご贔屓なお客様も増え、なんとかやっています。

 
初めてのお客様のところへ行くと、必ず訊かれるのが「今まででどんな依頼がありましたか?」という質問。

そりゃそうですよね、私だって他の便利屋さんにどんな仕事を引き受けているのか訊いてみたいくらいです(笑)

私の場合は、世間でよくあるお掃除とか家事手伝いとか比較的イメージしやすい仕事は少ないです。なにせ24時間営業ですから。

 
ホントかどうかは定かでありませんが、この関東で24時間営業をしている便利屋はどうやら私だけのようです。現実、それくらい需要は少ないのです。

さらに、基本的にヤバイ仕事以外でしたら何でもお引き受けするので、いつも初めてやるような依頼が多いです。

私も内心、これどうやって解決するの?と悩むことが多々。でもまぁ、なんとか知恵を使ってマメに動いて依頼をこなしています。

 
で、実のところどんな仕事を引き受けてるのよ?と気になるでしょ。アハハ、もちろんみなさんが普通にイメージできないようなこともやっていますよ。

普通の街の便利屋的な仕事が4割くらい。あとの4割は肉体労働。そして2割が、お墓まで持って行く個人情報満載で言えないお仕事。

都内一等地タワーマンションから、床下に這いつくばっての悪臭清掃まで、ありとあらゆる方と動物の人生をお手伝いさせていただいてます。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ