今の時代に手に職をつけるならネットでググって実践するのが現実的

手に職をつけると言うと、親方に弟子入りして仕事を学ぶのが一般的だと思われてますね。

でもねぇ、今の時代にそんな昔ながらの方法で手に職をつける職人って、ほとんど見かけなくなりました。そもそも昔で言う親方って存在は年齢とともに激減しています。

親方に弟子入りして職人になる方法はほとんど皆無で、たいていは社員となって与えられた仕事をしながら技術を覚えるパターンです。

それと親方が教えてくれることって、普通にネットでググれば情報が入手できる時代ですしね。

私はリフォーム業で職人やってますけど、今まで一番勉強になったのは、ホームセンターに置いてある小冊子です。

郊外型の大きなホームセンターへ行くと、いろんなDIYが書かれたパンフレット状の小冊子があります。

あれを全シリーズ(50冊くらい)集めて、ブロとしてお金を頂くという視点で読みこみます。

それらの基礎知識を基に、あとは要所要所でネットで調べたり、実践の場で経験値をフル動員させて考えながら大抵の技術は身につきます。

ネットでググるときは必ずプロとしてお金を頂くという視点で情報を集めます。

どんなことでもそうですが、最初からちゃんと目的を明確に持っていないと必要な情報は集まりません。

親方から学ぶときも、単に知識や技術を学ぶことではなく、プロとしてお金を稼ぐという心構えを学ぶのです。

そして何よりも重要なのは、それらのことを実践の現場に活かすということ。

困難な場面やトラブルに遭遇したとき、単に技術的に解決するのではなく、お客さんに満足してもらうためにどうすれば良いか? そういう視点で問題解決に当たります。

必要なのは自分自身の心がけ(視点)であり、親方に学んだとかネットでググったということではありません。

この基本的な姿勢を学ぶための仕組みが、親方と弟子という関係です。

私はこのことを、音楽家として活動した前人生において楽器の師匠から学びました。

今こうしてリフォーム職人として食べていけるのも、前人生で30年間プロ音楽家をやっていたお陰ですね。

もちろん知識や技術は必要ですが、それより大切なのはプロとして実践する自分自身の心意気です。

手に職というと技術的なことに目が行きがちですが、仕事をする上で重要なマインドはどの仕事でも同じだと思います。

職人マインドさえあれば、親方に就こうがネットでググろうが結果は同じです。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

ひさびさのブログ更新。どうすれば忙しい中でも書けるかなぁと思案中

3か月ぶりのブログ更新です。

毎朝6時過ぎに家を出て、帰宅は深夜12時前。さすがにブログを書く余裕と気力がないのが現状かな。

もちろん、サラリーマン的な意味での終日お休みはありません。これは非正規やフリーで働いている人ならたぶん普通のことかと。

私的な用事があるときはその時間帯だけ仕事を入れないようにして、あとの時間は仕事へ向かいます。そうじゃないとその日の獲物(稼ぎ)がゼロですから。

とは言え、そんな状況でもなにかブログを書く方法はあるはず。

たとえば今この文章を書いてるように、スマホのフリック入力でチマチマと書くとか。

パソコンの前に座ってキーボード入力する余裕はないけど、スキマ時間にこうしてスマートフォンで入力することならなんとかなるでしょう。

そして休憩時間の中で書けるようにタイマーを10分間にセットしてその時間内で書くようにする。

それを数セット繰り返せば1日分のブログが書けそうです。

これが習慣化できれば良いんですけどね。日によっては朝からぶっ続けでお昼も取らず深夜まで工事をすることもありますし。

ではなぜそこまでしてブログを書きたいのか?

それは日々の時間の流れに身を任せて、自分を失いたくないからです。

ブログを書いてアウトプットすることが、自分の存在意義を確認できる手段だと思うから。

まるで自分の足跡を残してる作業ですね。

FacebookやTwitterへの投稿だとすぐに画面上から流れてしまい、まるで流れる川に石を投げ込んでいるみたいなものです。

一昔前までは、ブログに自分のことをベラベラ書くのって変でしょ? と言われたものです(苦笑)

あ、それは今でもいっしょかな。

うまく説明はできませんが、ブログを書き続けるのとそうでないのとは、あきらかに人生が違います。

毎日、何を書くかを思考する。その作業の積み重ねが人生を変えます。

と、ご利益を考える前にやってみるべし。

何事もやってみないと解りませんから。

たとえ失敗したとしても、以前の自分とはまったく異なる景色が見えるようになります。

なにも行動しない人には決して見えない景色です。

呆れるほどいろんな失敗をして解ったのは、どんなに絶望的な状況でも行動さえしてれば必ず希望があるということ。

いろんな行動を起こす私を見て、宮崎さんは頭が良いから… という人がいます。

いえいえ、そうではなくホントに何にも考えずに行動してるんですよ。

だから呆れるほど失敗もします。

で、どうすれば上手く誤魔化せるかも失敗から学びました(笑)

その原動力は、たぶんブログでしょう。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

すぐに言い訳をする公務員癖が完全に抜けるのに5年もかかってしまった

多くの公務員と仕事のできないサラリーマンの特徴は、すぐに言い訳をすること。本人たちはそれが言い訳だと解ってないのがさらに重症だね。

なぜそんなことを断言できるかというと、30年間公務員(自衛官)をやっていた僕が民間に出ていろんな立場で気が付いたから。

言い訳ってのをもう少しソフトに言うと、相手の質問に対してなぜそれができないかという理由を最初にダラダラと説明するってことね。

この時、相手の質問の真意はまったく理解しようとすらしない。相手の発する言葉の中から特定のキーワード(自分に非がありそうなこと)だけが耳に入り、反射的にそれを打ち消すのね。

つまり、それが不可能な根拠を説明する。できない理由とかじゃなく、だから自分は悪くないんだよという根拠を説明しだす。

僕も民間人の立場で市役所の職員からこの根拠を説明されたときは、もうブチ切れて怒鳴りまくってしまった。

その根拠に対してブチ切れたのではなく、僕が何とかして直そうとしていた言い訳癖を目の前でやられたので、もう瞬間湯沸かし器状態でブチ切れてしまった。

公務員の経験がない人だと、それが言い訳を返しているだけという条件反射行動とは気が付かないだろうね。

今日も市役所の担当者と電話で話していて、なんどかブチ切れそうになりながら、それをグッと我慢して柔らかく怒鳴りまくった(苦笑)

この言い訳グセを直さないと、定年後の人生は悲惨だよ。可哀そうですらあるよね。でもこれだけは、自分で気が付いて直さないとどうしようもないこと。

ちなみに、この言い訳ができないと公務員世界では無難に生きていけません。それも喜劇だわ。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

良いことも、悪いことも、常に50%の確率で起こる

悪いことが何度か続くと今度は良いことが起きると、まるでプラスマイナスゼロで考えることがあるでしょ。 でも僕はそう思いません。運命はコイン投げみたいなもので、表裏どちら側が出るかは常に確率50%なのです。

もしも宝くじが1等賞に当選したとしても、次回の宝くじが当たる確率は何度やっても変わりません。極めて低いか確率だけど、続けて宝くじ1等賞が当たることは十分にあり得ることです。

これって全く公平感はないけど、とっても平等なんです。運命って毎回ごとにチャレンジしてみないと結果は解らないってこと。前回は良かったから、今回は調整されて悪くなるってことはない。

とは言いつつも、「1度あることは3度ある」ってのも事実。過去に3回連続で交通違反切符を取られたのは、ここだけの内緒話。

ということは、確率50%なはずのコイン投げであっても何らかの要因が結果に左右してます。 考えられるのは、コインを投げる人の心理状態。

コイン投げとはちょっと違うけど、常にじゃんけんに勝ち続ける人がいます。その人たちに共通しているのは、とにかく勝ちにこだわっていること。絶対に勝つという執念があります。

良いことも、悪いことも、常に50%の確率で起こる。だからこそ毎回のチャレンジで諦めない執念が肝心。どんなに不利な状況であっても逆転できる可能性はゼロじゃありません。

成功するまでチャレンジを諦めなければ、かならず最後には良い結果が待っています。人生は死ぬこと以外はすべてかすり傷です(笑)

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

朝4時早起きは仕事に影響しない程度に続けているよ

朝4時早起きは地味に続いています。いったん目覚めて読書したりしてるけど、その日の仕事内容や前日の就寝時間によっては、やっぱり二度寝したりもしてます。

仕事時間が不定期だからまぁそれは仕方がない。なによりも仕事第一優先です。最低でも4時間以上は寝ないと、日中の肉体労働してて過労で倒れるのはアウト。

過労で心臓が止まった企業戦士(今も生きてます)の話によると、週の合計睡眠時間が21時間(平均3時間睡眠)を続けると、突然に心臓が止まったりするとのこと。死なない程度に働かないとね(苦笑)

世間ではこういう働き方をブラックと呼ぶのでしょうが、僕の場合は「仕事は生活の一部」なのでブラックじゃありません。じゃないと、ブラックな生活になってしまうし(苦笑)

で、 朝4時早起きを続けているメリットとして、物事の思考が深まってきたことを実感しています。やはり読書をすることで、その著者の思考が乗り移ってきてるのでしょう。

なんとかスキマ時間をやりくりして読書しているので、かなり集中して本を読んでるからだと思います。さらに仕事してる最中にも読書した内容を考えてたりもするので、普通に読書するよりもリアルな感覚で本を読んでる感じです。

猛烈に忙しい時にスキマ時間を作って読書する方が、普通に余裕ある時間に読書するよりも密度が濃くなるんです。たぶん、本気で読書しているからかな。

趣味で読書をしている段階では、ただの知的快感だけを追い求めている読書。僕のような生き方を変えるための読書は、退路を断って本を読んでるという感覚。そういう求め方だからこそ、朝早起きも普通にできているのでしょうね。

すぐに目に見える変化はないけど、こうした小さな習慣を続けることでしか人生は変化しないことを自分の経験で知っています。とにかく続けることが第一!

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

仕事とプライベートでオンオフを切り替えるからストレスが溜まるんじゃない?

なぜ僕が仕事でストレスが溜まらないのかを考えてみると、たぶん仕事と生活(プライベート)の切り替えがないからじゃないかなと思う。

つまり、僕がほぼ休みなしで働いているというのは、仕事が生活の一部なわけですよ。農家さんがいつも田んぼや畑に足を運んでいるのと同じ感覚。

仕事とプライベートの切り替えが必要じゃないから、仕事に対するストレスも基本ないです。朝、仕事に行くのが嫌だなぁとか、休んで家でゆっくりしたいなぁとか、僕にとってはナンセンス。

だって働かないとお金が稼げないでしょ。田んぼや畑仕事しないと食っていけないのと同じ。それが嫌なら飢え死にですよ。

サラリーマンな人たちって、仕事を休んでもお給料をもらえます。それって変じゃない? 給料は働いたことに対する報酬じゃないんです。気づいてますか?

給料って1ヵ月間生きていけるだけのお金をもらってるだけのこと。だからどんなに稼いでも給料は上がらないでしょ。これは『資本論』に書いてある、らしい…です。→ 今度ちゃんと読んでみますね。

それは自分の時間を会社に切り売りしてると同じこと。そりゃストレス溜まりますわ。

僕はそういうストレスはないけど、将来に対するリスクはすごっくありますよ。だから今日の仕事を全力で仕上げることが大切。今日や明日の積み重ねが将来のリスク対策になるのです。

話は戻るけど、サラリーマンな人たちも仕事とプライベートの切り替えを止めて、いつでも仕事モードでいたらどうかしらん。そうすれば通勤中も仕事に関する勉強も面白くできると思う。

24時間、いつでも仕事のことを考えてみたり。家に帰ってテレビを見てる時も、仕事と重ね合わせて見てみるとか。

そうしてると、自然といろんなヒラメキがあって、仕事上でも面白いチャンスをつかめるようになると思う。

職場の人間関係で悩むのもナンセンス。他人は他人。自分とは違う存在なんだから、適度に相手に合わせておいた方が無駄がないよね。

どんなに頑張っても「好きなことを仕事にする」なんてのはファンタジーなんだからさ(笑) 今の仕事を面白くする方にエネルギーを傾けるとハッピーになれるよ。

僕はそういう感覚をサラリーマン家業を辞めて初めて理解できました。今更だけど、もしも若い頃にそういう感覚を会得してれば、もっと賢く生きられたかもね(苦笑)

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

コンクリートを割り続けてて、頭を割っちゃった…

ひたすら終日、コンクリートを割ってました。おうちの外回りリフォームでコンクリ打ちした地面を、ハンマー手作業で割り続ける…

屋外ガス給湯器の下で作業していて、フッと立ち上がった瞬間、給湯器の金具に頭を打ち付け、血が、、、吹き出しちゃった。

頭ってちょっと怪我しただけで、驚くくらい血が噴き出すんですよ。ふなっしーみたいに、プッシュ~!

すぐ手元にあった雑巾で頭を押さえて止血。少しの間、圧迫止血をしていたらなんとか止まりました。

元々、頭は血が噴き出るのを知っていたので、他人事みたいに落ち着いて止血。で、いつも常備している化膿止め抗生物質を塗ってもらい、そのまま作業続行。

普通だったら「病院行けよ!」レベルかもしれないけど、そんなことよりもとにかく仕事を終わらすことが第一優先なのです。

一応、止血&絆創膏止め用にヘルメットをかぶって作業続行しました。最初っからヘルメット被ってやれよ!という話ですね。

家の外周りって狭いし危ないから、今度からヘルメットは必ず被るようにします。

しかしまぁ、、、面白いくらい血が噴き出しました。血が平気な人で良かった。→ そういう心配か?

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

22時まで開いてる豊島区立中央図書館

僕のように朝から夜遅くまで仕事している人には、22時まで開いている豊島区立中央図書館がとても嬉しい。

しかも豊島区在住&在勤を問われず、身分を証明できれば誰でも図書カードを作ることができて、読みたい本もネット予約ができる。

他の区立図書館の本を取り寄せたり、連携した大学図書館の資料を取り寄せることは区内在住者にしかできないけど、それは自分が住んでいる地域の図書館でやればよいので問題ない。

とにかく僕のようにほぼ年中無休で働いている人にとって、22時まで開いている図書館が唯一利用できる図書館なのだ。

昨夜は21時にこの図書館に訪れた。この時間でもそこらの図書館の休日昼間以上に人が多い。そりゃ便利だものなぁ。

それに場所がメトロ・東池袋駅を降りたすぐ横のライズアリーナビル4階 にあって、アクセスもいい場所にある。

これが昨夜借りた本。一度に15冊まで借りられる。これだけあれば1週間くらいは読む本に困らない。

僕の場合、本屋で購入するといつでも読めるという安心感で積読になってしまいがち。だから15日間という返却期限があると、とにかくパラパラと中身だけでもサッと見できる。

基本的に本は最初から最後までちゃんと読まない「ななめ読み」な人なので、これくらいの分量はあっという間に目を通してしまう。

こうして面白そうな個所だけを拾い読みして、もっとじっくり読みたいと思ったらアマゾンで注文する。

今日もカバンに数冊入れて仕事に行くことにしよう。ちょっとした休憩時やお昼ご飯のときにサラッと読書をしている。スマホを触っているより本を開いたほうが面白いしね。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ