Currently browsing tag

音楽

中学卒業時の夢が実現できなかった理由

  私は中学校卒業時に、大それた夢を卒業文集に書きました。 「将来はウィーンフィルの団員になる」 と… いわゆる、「将来は世界一流の音楽家になる」という意味ですね。 その当時は、ウィーンフィルに入ることが世界一 …

料理も音楽もレシピ(楽譜)だけでは上手くいかない理由

  クックパッドのレシピを見ながら作った料理で満足していますか? 同じ料理でもお店でプロが作った料理だと、美味しさの次元が根本的に違います。 楽譜どおりに演奏した音楽も、もちろんそれなりには聴けます。 でも、プ …

立体的に聴こえるようになる音楽の聴き方

  「音楽」って感性の芸術だと思いますか? 音楽は目に見えるわけじゃないので、ついつい感覚で楽しめると思いますよね。 でも思い出してみてください。 音楽は楽譜を目で見て演奏しているんです。 つまり、楽譜という設 …

【音楽】ハーモニー感覚を養うためにやるべきこと

  吹奏楽の合奏でハーモニー感覚を養うためのコラール練習などがありますね。 まぁなんというか… もしもこれでハーモニー感覚が養えるのなら、たぶんどの団体も素晴らしいハーモニーで美しい響きを聴かせてくれるはず。 …

img_0016-1

ちょっぴりの音楽があれば人は元気になれる

  今日は地元ふじみ野市の「ことぶき大学」へお呼ばれし、フルート、バリトン、ピアノと音楽トークのステージをおこなってきました。 ステージから見えるお客様の瞳がとてもキラキラしていて、音楽でとても楽しい時間を共有 …

「無理…」という言葉を発する子どもたち

  こども音楽団という小学生の金管バンドを運営しています。 そこで小学生たちがよく口にするのが、「無理…」という言葉。 「こんなのやってみて?」とやってみせると、必ずと言っていいほど「無理…」という返事(苦笑) …

【吹奏楽】それでも合奏でメトロノームを使いますか?

  メトロノームのリズムを聴く度に、自分の中から「音楽のビート感」が削がれていく思いを受けるのは私だけでしょうか…? メトロノームを使えば使うほど、フレーズが細分化されてフレーズ感のうねりが消えていく。吹奏楽コ …

DSCF1352-1

「こども音楽団」デビューコンサート大成功!

  今年の6月に立ち上げた小学生の金管バンド「こども音楽団」。 2ヶ月という突貫ながら、8月6日 (土) にデビューコンサートをおこないました。   私のイメージ以上に子どもたちがしっかりと演奏できて …

ゲームを楽しめる人がちょっと羨ましいと感じる深夜帯

  私はゲームが苦手。 特に、ロールプレイング系ゲームを根気よく続けることができない人です。 以前まで、ゲームが続けられないのは自分の集中力がないからだと思いこんでいました。 でもここ数年の、自分が目標に向かっ …

自分の得意分野を見せられないジレンマ

  あなたの得意なことはなんですか? そう訊かれると困ってしまいます。 音楽はもちろん専門だけど、写真もそうだし、IT情報管理とか、教育問題とか、心理学とか、哲学するのも好きだし、、、 自分の本棚を見ても、ほん …

楽器が上手くなるためのマインド

  「楽器が上手くなるためのマインド」。 たぶん私のマインドは、世間一般の常識から見ると異質です(苦笑) ただ、世間一般の常識で練習していても、ほとんどの人は楽器が上手くなりません。 楽器を演奏するというのは、 …

コルネットを吹き始めて2週間目で解ったこと

  コルネットを吹き始めて2週間が過ぎました。 1オクターブ半の音域であれば、それなりに曲も吹ける感じです。 今まで吹奏楽指導で言い続けてきたことを自分に当てはめただけですが、ちゃんと成果がでています。 我なが …

IMG_1910-1

自衛隊音楽隊の演奏を聴いて感じた大切なこと

  陸上自衛隊中央音楽隊の第148回定期演奏会を聴きにいきました。 ここは私にとって1年半前に退職した古巣の職場。 演奏を聴いていると、この1年半の間に私の音楽観がどう変化したかを実感させられます。 自衛隊音楽 …