私、訪問販売の営業もやってました

投稿者: | 2020年8月7日

個人がお金を稼ぐ方法として、もっとも多く稼げる(可能性が高い)のは訪問営業です。

それこそ昔は百科事典の訪問販売とかありましたよね。

今なら太陽光発電や外壁塗装とかのリフォームの訪販が多いかな。

意外でしょうか佐川急便とかAmazon配送とか、肉体労働をどんなに頑張っても、手取りで実質40〜50万円くらいが限界です。

ところが訪販だとトップセールスは普通に年収うん千万です。

もちろんトップセールスは全体の数パーセントしかいませんけどね。

つまり営業職は口に職をつけると言うくらい最強のスキルなんです。

できる営業マンはとにかく何でも売ります。

で、私はどうだったかと言うと、はっきり言って営業センスはありません。

だからとにかく足で量(件数)を稼いで契約を取ることしかできないのです。

1日200軒くらいピンポンを押し続けていると、20〜30軒くらいは話を聞いてくれる人がいて、数万円代の安い商品だと2日に1軒くらいは契約してくれる方がいます。

1日200軒というと、朝から夕方暗くなるまでずっとやるレベルです。

正直、営業職でこんな非効率な回り方をする人は珍しいですね。

でも私は営業ができないので、こうして体力勝負しかできないのです。

私はもう営業はやってませんが、すごい契約をポンポンと取ってきて外車を乗り回しているような凄い営業さんをたまに見かけます。

なんと言うか… 営業はホントに奥が深いです。

手に職をつけるより、口に職をつける方が絶対的に将来性はありますね。

将来、AIに取って代わられる職業として営業職が入っていましたが、まったくそんなことはないですよ。

たぶん訪問販売営業は不滅です。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ