自分の頭で考える人はソコソコまでしか上達できない

投稿者: | 2020年8月5日

学校の先生が「自分でよく考えてみなさい」なんて言うのは、私の視点から見るともっともダメな教え方です。たぶん、学校でのみ通用する指導じゃないのかな。

例えば、スポーツや武道、芸事を教えるときは、これをやりなさいという型を延々と身体に覚えこませます。

その際、決して自分の頭であれこれと考えてはいけません。できない人ができない頭で考えても、まず上達するための道筋にはたどり着かないのです。

私がやっていた音楽(コントラバス)も同じでした。まずは24個ある長調短調すべての音階と分散和音をひたすら身体に覚えこませます。

つまり、師匠やコーチの言うことは絶対なのです。その絶対的な指示に対して自分で考えてアレンジするのはご法度。そんなことやる人は、まず上達は見込めません。

私が吹奏楽部の指導をするときも、あれこれと細かくすべての指示を出します。そしてソコソコまでしか上達できない生徒は、自分であれこと考えて練習方法をアレンジするのです。

なぜこんなことを言うかというと… 私自身も自分であれこれ考えてやってしまう人だからです。だからと言っては何ですが、ソコソコまでしか上達できません(苦笑)

唯一、ちゃんと師匠の言う通りに地味にやったのはコントラバスだけでした。

仕事でも同じです。

深夜トラックに乗っていた時も、よく先輩から「俺の言うとおりにやれ」と怒られてました。とにかく自分で考える人は、結果的には壁にぶつかってしまい、自分でその壁を乗り越えることができません。

私も壁にぶつかって往生してしまい、それから最初に教えてもらったやり方に戻りました。まぁ無駄な時間を費やしてしまいましたね。収入が増えないという意味で、ホントに無駄な時間でした。

ここまで読んでくださった方で、いや自分の頭で考えるのがなぜダメなのかが解らないという人はたくさんいることでしょう。

そうなんです。それを理解できない人だからこそ、ソコソコのレベルまでしか上達できないのです。

これは理屈でもなんでもない話。たぶん武道やスポーツ、芸事で大成した人なら、そうだよねと解る話です。

逆にソコソコのレベルまで行けばそれで充分というジャンルであれば、自分の頭で考えてやるのもアリです。

最初にネット記事やYouTubeでやり方を予習して、実際に現場でやりながら自分で考えて覚えていくというやり方もアリです。

その使い分けも戦略ですね。

ソコソコのレベルが良い悪いではなく、ソコソコでOKなのかダメなのか。最初にちゃんと達成目標を決めてから取りかかることが良いのかな。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ