ヨジラーって、朝4時に起きて何をしてるの?

ヨジラーとは、早朝4時台に起きている人のこと。朝早い時間は、家族も寝静まった自分ひとりのタイム。何をするにも集中してはかどる魔法の時間帯。

ちなみに、5時に起きればゴジラー。とても強そうな名前だ。じゃあ3時ならばミジラー!、2時ならニジラー? ちなみに、朝2時起きは僕にとって究極の到達目標。



 

そんな朝っぱらから何をしてるの?

4時に目覚ましで目を覚ます。ゴソゴソ起き出しトイレと洗顔、そしてiPhoneでTwitterやFacebookに「おはようございます」とつぶやく。

コーヒーを入れながら、Macbookを開いて、前日の日次レビュー(日誌などの整理)をつける。それから今日の予定をチェック。これら一連の作業でだいたい30分間。

そして、もっとも集中するメイン・タイム。1時間かけてブログを執筆する。僕のブログ企画「日刊みやざき」は、こうして書かれている。



 

朝の効果

朝早く作業をする一番の効果は、締め切り時間があること。毎朝のお弁当作り(朝ごはんを兼ねながら…)は30分かかるので、5時30分までにはブログを書き上げないといけない。

そうすると、自然にアウトラインを決めて文章を書くスタイルが身につく。慣れてくると、1時間という緊張感がとても楽しい。

こういう書き方をしていると、日中のチョットしたスキマ時間でも、小分けしながら文章を書くことができる。

 

行ってきます!

6時に家族が起きてき出してからは、朝の修羅場だ。猫トイレの掃除、洗面&トイレ、仕度をしてゴミを出しつつ自転車にまたがり、、、出撃!

そのあいだ嫁はんは、末っ子(1歳)にご飯を食べさせつつ、ゴミ出しの用意、洗濯(大家族な我が家は1日に数回している)、もろもろ…

ほんと、朝は忙しい。

 

将来は…

そう、朝の修羅場が始まる6時までが、僕にとって最も充実したおひとり様タイム。いまの悩みは、英語学習やランニング時間がゆっくり取れないこと。

そのためには、3時起きのミジラー(これは僕の造語)になるしかない。あと1時間あれば、15分の英語タイムと、30分の早朝ランニングが可能だ。

ダラダラと酒浸りになる至福の夜時間を犠牲にして、早寝をするのか。う〜ん、何かを始めるには、代わりに何かを辞めなければいけない。

これが、もっぱら悩みの種だ。



 
じゃあ、またね〜

 



facebook comments:

コメントを残す