運を切り開くための普遍のコツ

 

何かアイデアを思いついたら、押しかけて行って他人に話してみる。これって実は、運を切り開くコツです。


いつもの変わらないマンネリ化した日常からは、運は切り開かれません。

今までの自分が予想もしなかった新しいチャンスを掴むことで、新しい運が切り開かれます。

つまり、今までとは違うチャンスに出会うために行動をおこす必要があります。

 
行動と言っても簡単。

何か新しく思いついたアイデアを、わざわざ誰かの元に会いに行って話してみるだけ。

自分のいつも身近にいる人に話しても、あなたの日常は変わりません(笑)

あなたがアイデアを話すことでなんらかのアクションを起こしてくれそうな人に会いに行きます。

例えば、私にメールでアポイントメントを取ってわざわざ会いに来るとか… <面倒かしらん?

でも確実にあなたを取り巻く環境は変わります。

そして、新しいチャンスが目の前に現れ、あなたの運が切り開かれるはず。

 
いや正確に言うと、ホントはいつもあなたの目の前にあったチャンスなんだけど、

今までまったく気がつかなかったものが、わざわざ私まで押しかけて来たことで見えるようになったということです。

 
例えば、私が高校一年生の時、中学吹奏楽部の先輩に電話をしてコントラバスの先生を紹介してもらい、

2時間電車に乗ってコントラバスの先生に会いに行ったことで、その後のコントラバス奏者になるという人生が切り開かれました。

地方都市にいた高校生が、その後なんとかプロになれたのは、(コントラバス弾きになるという)自分のアイデアを師匠の元に押しかけて行き熱く語ったからです。

とは言っても、ただ人よりも多くバカみたいに練習しただけですけどね。

でも、自分が行動しなければ、そのことには気がつきませんでした。

 
どんなに素晴らしいアイデアも、他人に話さなければただの妄想です。

最初は人に笑われて、そして呆れられて、さらに関心され、次第に応援してもらえるようになるのです。

何かアイデアを思いついたら、押しかけて行って他人に話してみる。これって実は、運を切り開くコツです。



 
じゃあ、またね〜

 
記事のシェアをお願いします <(_ _)>





 



facebook comments:

コメントを残す