個人で食うには他人と違う道を行くべし

 

個人事業主を初めてから、すごく「あ〜」と感じることがあります。

それは、ほとんどの人がお金を稼ぐとなると、どこで働こうかと考えることです。

もちろん以前の私も同じでした。

選挙で落選した時、なにはともあれ最初に探したのは、新聞折込チラシの求人広告です。

そこで見つけたのが、新聞折込広告を販売店に配送する仕事だったわけです。

 
でも、今の私だったら迷いもなく、ネット広告を出して自分で仕事をとることを考えます。

どんな広告を出すかと言うと、ネット上に競合会社が少ないジャンルですね。

私は24時間いつでも駆けつける便利屋をやっていますが、

これほど広い東京なのに、年中無休で24時間いつでも駆けつける便利屋はほとんどいません。

さんざん探して私のところにたどり着いたお客様の声をよく聞きます。

 
個人でやっていて年中無休24時間いつでも対応なんて無理でしょと考える前に、

どうすればそれが出来るかを考えれば、答えはすぐに見つかります。

私は大好きだったお酒を止めることで、それを簡単に実現しました。

実際の所、毎晩のように仕事が来るなんてことはありません。

そりゃ毎晩のように連続で依頼が来て徹夜仕事が数日続くことも希にありますが、

それまで深夜配送の仕事をしていたので、別に大変でもなんでもないのです。

 
私が実際にやってみて言えるのは、

個人で食うには他人と違う道を行くべし

ということ。

他人と違うことをやれば、なんとか無理くりながら家族を養うことができます。

発送の転換なんですよね。

最悪の事態を考えて覚悟を決めれば、大抵のことはなんとかなります。

どんなに良い職場に就職したとしても、月に30〜40万円稼ぐのが限界です。

でもそれじゃぁ家族は養えませんよね。

今まで通りの仕組みは、もう限界にきています。

他人の常識を真に受けていると、ほんと、食えませんよ(苦笑)



 
じゃあ、またね〜

 
記事のシェアをお願いします <(_ _)>





 



facebook comments:

コメントを残す