お酒をスパッと止めれたのは、お酒を飲む必要がなくなったから

 

お酒を飲むのを止めて、早7ヶ月が過ぎました。

途中で1回だけ、宴席でビールをコップ1杯飲んでみましたが

まったく美味しく感じられなかったので、その後も飲まずじまいです。

こうして毎日、お酒を飲まない生活を過ごしていると

お酒を飲む必要がまったく感じられなくなってしまいました。

 
その大きな理由は、ストレスをほとんど感じなくなってしまったからです。

いや正確には、面倒なことやストレスは、どうでもいいやと思ってます。

特に必要性のない時や面倒なことは、たいていガン無視してますし。

だからお酒でストレス発散するという必要がないのです。

あ、いや、お仕事関係はさすがにガン無視してませんよ(苦笑)

 
それと、不安なことはなんらかの行動を起こせば解決できると知ったからです。

なにかの不安を感じたら、とにかく行動をすればいいんです。

それで手痛い失敗をしたら、その失敗すべてをガン無視して忘れる(笑)

あとは「まぁ、ええんとちゃうかぁ…」と、深刻に取り合わない。

困ったときは、とりあえず笑って済ませる。

 
こんな生活をしていたら、ほんとにお酒がいらなくなってしまいました。

他人との関わりがあるお仕事だけは、とにかく死に物狂いでこなしています。

で、あとのことは、「まぁ、ええんとちゃうかぁ…」って感じ。

 
お酒が必要ない人生を過ごせば、ホントに快適な日常がおくれますね。

あと欲を言えば… 飲み屋のソフトドリンクメニューに炭酸水を入れて欲しいです。

甘くないソフトドリンクって、なんでウーロン茶しかないのか不思議です。



 
じゃあ、またね〜

 
記事のシェアをお願いします <(_ _)>





 



facebook comments:

コメントを残す