人生の選択肢は安易に選んじゃいけない

 

正解は、「◯」か「☓」か!?

「ある」、「ない」どちら?

次の5つから正解を選びなさい。

などなど…

私たちは日常のクイズ問題、受験問題、資格試験、アンケートなど、さまざまな選択問題の問いを答えています。

そうした流れで、人生の大切な局面をいくつかの選択肢から選んでいませんか?

 
これらの選択肢は、どれも常識の範囲内でありそうな答えばかり。

ぶっちゃけ、多くの選択問題はどの答えを選んでもそれほど結果は変わりません。

なぜなら、あらかじめ答えが想定される範囲の中から選択肢が出されるからです。

でも今の時代は、どんなに非常識でバカげたことでも5年後にはそれがあり得る社会。

なんとなく5年後くらいには車の自動運転が可能になることは想像がつきますよね。

でも、そんな自動運転のバスやタクシーにあなたが乗車しているのをイメージできますか。

5年後にどうなっているのか、まったく想像できない時代です。

 
だからこそ、今の選択肢から選ぶことに慣れてしまうのが心配なのです。

人生の岐路に立ったらちゃんと冷静に考えると誰もが思いますよね。

でも、人生の岐路というのは心身的に平常じゃない場面が多いのです。

だから多くの人が安易な選択をして、その後に「こんなはずじゃなかった」と後悔します。

日頃の習慣というのは恐ろしいもので、知らない間に自分の人生を左右してしまうのです。

 
もしも人生の大きな岐路で、選択肢を突きつけられた時は、

迷わずその場で決めないで一晩以上じっくり考えてから決めてください。

考えても答えが出ない時は、決めないでそのまま放置するのもありです。

いつもすぐに行動してしまう私も、実は自分なりに慎重に物事を考えています。

ただ、その決断するスピードが人よりも速いだけのこと。

一応… 即決してるわけじゃないんですよ(苦笑)


 
じゃあ、またね〜

 
記事のシェアをお願いします <(_ _)>





 



facebook comments:

コメントを残す