どうすれば商品が売れるのか?

 

いま地味にネット物販をやっていまして、一日中このことばかり考えています。

どうすれば商品が売れるのか?

ビジネスの経験がない人は、単純にすばらしい商品を用意すれば売れると思いますよね。

「こんなスゴイものは絶対に売れるよ!」と。

残念ながら、それはどんなに頑張っても絶対に売れません… <これがビジネスの現実

実は、商品とかお金とか、そういう問題ではないのです。

 

お金に価値はない

ビジネスとは、自分が持っている「価値」と相手が持っている「価値」の帳尻を合せて「価値交換」をすること。

その際に、相手を満足させる価値を自分が持っていない時に限り、その差を埋めるのが「お金」です。

ということは、相手が何に価値を求めているかを把握しないと、ビジネスは成り立ちません。

相手の欲しい商品が用意できれば良いし、そうでなければ誰かから仕入れて商品を売るだけのことです。

ビジネスとは価値交換です。

 
そうなると、売れる商品を探すのではなく、(商品にお金を出してくれる)見込み客を見つけるのが先決です。

あとは、その見込み客が欲しがっているものを売るだけ。

ビジネスの答えは、常に見込み客が持っていて、商品には答えがありません。

ここまでの話は、船ヶ山 哲『売上が自動的に上がる仕組み構築の教科書』がネタ元です。

 

 
今、売れている商品をリサーチし、それを他よりも安く売るというビジネスの基本は変わりません。

それは実のところ、売れている商品を媒体にして「見込み客」を探しているというのが本質でしょう。

それを勘違いすると、こんどはこの商品が売れると考え、別の商品に手を出して失敗する。

常に、答えは見込み客にあります。<私もそれが解らずに何度も泣きました…

商売(ビジネス)への道は果てしなく遠いです。

だからこそ、これほど面白いものはありません。

どんなに歳をとっても、ビジネスができればいつも現役ですね。

 
そして、ビジネスができないと政治もできません。

どんなにハコモノ(施設)を作っても、それに価値を求める見込み客がいるかどうか?

後世に残るものを作ろうとする政治家には、見込み客(市民)の存在は目に入りません。

今は、落選して(ビジネスを勉強できて)良かったと実感しています。

人生はいろんな経験が「線」で繋がり広がっていくのだと思うのです。



 
じゃあ、またね〜

 
記事のシェアをお願いします <(_ _)>





 



facebook comments:

コメントを残す