40歳になるということ

 
石田衣良『40 翼ふたたび』という小説をオーディオブックで聴きました。

内容はまぁ好き好きがあるので触れませんが、40歳からの人生も悪くないよという感じの小説です。

ちなみに、私はラストシーンで不覚にも涙してしまいました。<私の涙腺は緩すぎるので…


40歳になるということ

自分が40歳になった時にどうだったか? ということは、正直あまり記憶にありません。

それよりも、周囲の人たちが40歳を迎えるにあたってジタバタしている様の方が印象に残っています。

どうやら40歳という年齢は、人生の折り返し地点だと感じている人が多いみたいですね。

私は100歳まで生きるつもりなので…(笑) だから50歳の今の方が人生の折り返し感があります。

 
でも実際の40歳って、そんな急激に体力が落ちるわけでもないし、何も変わりません。

もしも体力の衰えを感じているとすれば、それは単なる運動不足です。

お肌のシワが気になるとすれば、それは単なる肌体質です。

 
逆に私は40歳になった喜びの方が大きかったです。

周囲からの見られ方も変わりましたしね。

それまでの30代は、若造というイメージで良いように見られていませんでしたから。

 
同じように、50歳になっても何も変わりません。

どちらかと言うと、若くて優秀な人を素直に尊敬できるようになりました。

実際、私の何倍も優秀な若い人がゴロゴロいるんですよね。

中高年がリストラされるのも無理はないなと感じるほどに、今の若い人は優秀です。

人生の経験値が大きい高齢者よりも、若くて優秀な人の方が尊敬に値します。

 
ということで、人間は歳をとっても何も変わらないのです。

性格も丸くなったりしないし、言葉使いも若い時のまま。

もし変わるとすれば、見た目が「若々しい人」と「老い老いしい人」の2極化が見えてくることくらいでしょうか。

それはアナタの気持ち次第です。


 
じゃあ、またね〜


 
記事のシェア&RSSリーダーへ登録をお願いします <(_ _)>





 



facebook comments:

コメントを残す