ひょっとして今は人生の挫折中なのかしらん?

 
偉人とされている人には、その人生において挫折というべき期間があり、逆にそれがその後の人生に大きな影響を及ぼすことが多々あります。

例えば…


お前とスティーブ・ジョブズを同列で語るな、という声を頂きそうですが…(苦笑)

歴史上の偉人とまではいきませんが、第二次世界大戦後の混乱期にも同じように同盟側に協力したとして多くのドイツや日本の政治家、思想家、学者、音楽家などが不遇の時期を過ごしました。

そして私ごとですが、ひょっとして今の自分って人生の挫折みたいな時期なのではないかと気づいた次第です。

 

人生の挫折期?

いやこれって自分ではあまり気が付かないんですね。

挫折しているかどうかは、この後になんらかの成功をした上で、さらに過去を振り返って言う言葉です。

でも冷静に考えてみれば、安定した公務員の、さらに誰もが入りたくても入れない陸上自衛隊中央音楽隊で安定した人生を過ごしていた私が、

突然に中途退職し選挙に立候補。さらに派手に落選。退職金を使い果たしてしまい…

その後に深夜の配送トラック仕事で1年余りをすごし、さらに人がやりたがらない仕事を引き受ける便利屋を始めるなんて、、、

まるで絵に描いたような挫折の人生を荷台に満載にして道をさまよっている感じです(笑)

 
自分ではあまりそういう雰囲気がないのですが、まさに今の状態は人生の挫折期!

たぶん、スティーブ・ジョブズもその他歴史上の様々な人々も、後世の歴史家が言うほどには落ち込んでいなかったと思います。

どちらかと言うと、世の中のさまざまなシガラミから自由になれて、これから新しいことにチャレンジできるという希望に燃えていたのではないかと思うのです。

一度でも人生の底辺を知ってしまえば、あとは上を目指せばいいだけですものね。

自衛官の時にいつも背負っていた「真面目な公務員でなければいけないストレス」からも開放され、ホントに自由な日々です。

FacebookやTwitterに呟いた内容を、職場で呼び出されてあれこれ言われる筋合いもないし。

一つだけ難を言えば… ちょっとばかし睡眠時間とお金の持ち合わせが足りないだけのこと(爆)

そんな日々でも、家に煙突をつけて薪ストーブを置こうかとか、庭にサンテラスが欲しいとか、そんなことを奥さんと話している次第です。<もちろん自分で作りますけど

ビバ!しがらみのない人生の挫折期!


 
じゃあ、またね〜


 
記事のシェア&RSSリーダーへ登録をお願いします <(_ _)>





 



facebook comments:

コメントを残す