10年後の危機を考え準備をしていますか?

 
今の時代、日本の歴史上もっとも目まぐるしく価値観が変化している時代ではないかと思います。

ほんとに数年後の未来がまったく予測すらできません。

なんとなく解っているのは、東京オリンピックが終わったあと、日本の経済は急激に落ちていくのではないかということ。

政治家がそのことをほとんど言わないくらいですから、状況はかなり深刻なんです。

人口の4%程度しかいない年収1,000万円を稼ぐ人たちを考えると、稼げなくなるか海外へ出ていくかの2通りになる可能性も大いにありです。

いま現在でさえ、日本の経済発展率はアジア諸国の中で25国中23位。

 >アジアの経済成長率ランキング – 世界経済のネタ帳

いや、ホントは日本は大丈夫なんだという声もありますが…

普通に庶民感覚で考えれば、オリンピックが終わった後はもう見通しがないでしょ?

 
先日、海外の銀行口座を開設した折にイタリアから国際電話が2度ほどかかってきました。

その2人ともなんとなくイントネーションのなまりがありますが、話している日本語は日本人以上に完璧でした。

そうでなくても日本語を日本人以上に完璧に話せる外国人は、想像を越す勢いで増えています。

さらに、その外国人たちは日本語と英語と母国語と、さらに数か国後が話せる人もザラです。

日本においてさえ、近い将来は優秀な外国人と仕事の取り合いになります。

 >堀江貴文(ホリエモン)伝説のスピーチ ー近畿大学卒業式ー – YouTube

 
いまだに昭和時代と同じ教育をしている小学校や中学校は、もう江戸時代の寺小屋レベルで時代に取り残されつつあります。

そして、そのことに誰も危機感を持っていません。

ディープラーニング(深層学習)という力を得た人工知能は、言われたことをこなすというレベルの仕事ではもう人間を追い越しています。

10年後には、言われたことをこなす仕事の多くが人工知能に置き換わっている可能性が大です。

先日のニュースでもありましたが、米国でAmazonが無レジのコンビニを開店するとのこと。

人工知能がお客が何を手に取ったかを判断して、電子マネーから引き落とすんです。

商品にタグを付けてゲートを通過するというレベルは、もう過去のアイデアですね。

 >『Amazon go 』人工知能の活用でレジのないコンビニの時代がやってきた | ネタの森

 
というのはまぁ最悪に近い… そして極めて現実的なシナリオです。

私を含めて私の身近にいる人達は、誰もがその日のことを考えながら来るべき準備をしています。

サラリーマンの多くはその日のことを予感しつつも、準備をしている人はほとんど見かけません。

私がお酒を飲むのをやめたのは、24時間営業の仕事という一面もありますが、常にパソコンでできる仕事を寝る間をおしんでやっているからです。

 
何が10年後に結びつくかは解りませんが、少なくともすでに何かの行動を起こしていないと間に合いません。

テレビを見ていると、そんな危機感がまったく感じられません。

だからこそ、ホントに危ないのです。

70年以上前、戦時中の大本営発表と同じなんですよ、今のテレビは。

勉強するとか資格をとるとかそんな呑気なことじゃなくて、

いますぐお金が稼げるようになるための行動をおこすべきではないかと、ほんとに危機感を感じています。

「この戦争は負けるぞ」という声と同じ気持ちで、

この時代はもう続かないぞ」と声を大にして言いたい!

 
これマジで本気です

 
eb8b202493565060d0ec30fd3e480ec6-285x300
何でもやります!埼玉の便利屋 | 24時間 年中無休で対応、深夜でも駆けつけます
(通話料無料フリーダイアル)0120−752−380 へ、今すぐお電話を …


 
じゃあ、またね〜


 
記事のシェア&RSSリーダーへ登録をお願いします <(_ _)>





 



facebook comments:

コメントを残す