あんなに大好きだったお酒を飲まなくなった理由

 
日本酒一升瓶を一晩で空にしていたころもありました。

ワインを1本空けると、すぐに2本目を空けるのが常でした。

好きなお酒を好き勝手に飲めないのが嫌で、宴会に出席するのが面倒だと思うほどでした。

それほどまでに大好きだったお酒ですが、今は一滴も飲んでいません。

何ごともなかったかのように、スパッと辞めてしまいました。

 

大好きだったお酒を飲まなくなった理由

理由は簡単です。ビジネスをするのにお酒がジャマになったからです。

人生の中でビジネスを最優先に考えた時、お酒を飲むことを捨てました。

もちろん「24時間年中無休の便利屋」という仕事がらもあります。

ですがそれ以上に、「ビジネスについて考える」時間をつくるためには、どうしてもお酒を飲むことがマイナスなことに気が付きました。

 
人生を変えようとするときに、自分の常識にこだわることほど無意味なことはありません。

よく「私はこれだけは譲れない」という話をする人がいますが、それは子供の戯言ですね。

一度でも人生の中で無一文を経験すれば、自分のこだわりなんて何の意味もないことが解ります。

何もなくなったときに、最後に頼れるのは国でも職場でもなく、自分の家族です。

だから、家族が幸せになるためのビジネスを最優先にすることに決めました。

 

宴会でソフトドリンク

昨晩、セミナーを受講した後の懇親会で、ソフトドリンクを注文しました。

こんなことは今までの人生であったかなぁ(苦笑)

でもまったく平気でした。

もちろん、お酒が飲めないわけじゃないんです。

飲みたいという感覚がまったくありませんでした。

自分は今までとはまったく違う思考回路になったんだなと自覚した瞬間です。

 
人間って面白いほど変わることができるんですね。

2年前に自衛隊を退職した時から、もう10年以上が過ぎたような感覚です。

人生は考え方次第でなんとでも変えられるんです。

数年後、お金に振り回されない自由な生活を手にした時、またその気になったらお酒を飲んでもいいかなと思います。


 
eb8b202493565060d0ec30fd3e480ec6-285x300

何でもやります!埼玉の便利屋 | 24時間 年中無休で対応、深夜でも駆けつけます
(通話料無料フリーダイアル)0120−752−380 へ、今すぐお電話を …


 
じゃあ、またね〜

 
記事のシェア&RSSリーダーへ登録をお願いします <(_ _)>






 



facebook comments:

コメントを残す