【便利屋 2016/11/10】樹木は無料で捨てられないのです

 
今日の便利屋お仕事は、昨日伐採した樹木を2回に分けて捨ててきました。

軽トラックに山盛りに詰め込み、ロープで縛ってシートをかぶせて処理場に持ち込みます。

普通に家庭ゴミで捨てると無料で捨てることができる樹木も、一般廃棄物として捨てるととても高額の処理料金がかかります。

今日は軽トラックにてんこ盛り2杯、明日もう1杯捨てるので、処理料金でけでも軽く5万円を超えてしまいます。

可能なら、樹木伐採をしたお宅の方が清掃センターに持ち込めば無料で捨てられるんですね。<樹木の運搬は便利屋がお手伝いします

 

ひたすら体力勝負

ちなみに樹木の伐採では、特別な道具を使ったりはしていません。

樹木用のノコギリ(一般木工用)と、竹専用のノコギリ、そして大きな立木を切るための大工道具ノコギリ。

植木屋さんならそれなりのノコギリを使ってりることでしょうが、便利屋はそこまでお金がかけられないので、ほんとにどこにでもあるノコギリで切り倒しています。

まさに体力勝負

道具がどうのこうのと言う前に、とにかく切ってしまえという感覚(苦笑)

 
そうそう、一つ大事な道具がありました。

それは「ヘルメット」。

とにかく頭をぶつけることが多い樹木伐採ですから、頭を守るためにも、高所からの転落に対処するためにも、メルメットは大切です。

道具にあまりお金をかけていませんが、ヘルメットだけはお金をかけています。

 
今日も帰宅時に別件の依頼電話がきました。

都内での簡単な荷物運搬です。

朝早くから、夜遅くまで、便利屋はフル稼働中です。<暇な時はとことん暇なんですけど…

 
都内からの帰宅途中にも、不用品処分の相談電話が鳴りました。

いろいろと安く済む方法をお伝えしたところ、ちょっと検討してみるとのこと。

たぶん、うちより安く処分できる方法はないと思います。

って、そんなこと伝えちゃうから、貧乏暇なしなんですよね(苦笑)

 
なんとなく便利屋稼業も軌道にのってきました。

軽トラック、さまさまですm(_ _)m


 
eb8b202493565060d0ec30fd3e480ec6-285x300

何でもやります!埼玉の便利屋 | 24時間 年中無休で対応、深夜でも駆けつけます
(通話料無料フリーダイアル)0120−752−380 へ、今すぐお電話を …


 
じゃあ、またね〜

 
記事のシェア&RSSリーダーへ登録をお願いします <(_ _)>






 



facebook comments:

コメントを残す