【実録】便利屋の開業とはこんな感じ

 
便利屋を開業して早6週間が過ぎました。<あっという間ですね

ここらで便利屋をどんな風に開業したかをブログネタにしておきます。

え〜っと、便利屋を開業するのは実は簡単です。

便利屋のサイトを作って、Googleアドワーズ広告を出すだけ。

ほんとにこれだけ!

 
すると、2日後の深夜に電話がかかってきました。<電話での初受注!

あとは度胸だけです(笑)

基本的に、かかってくる電話のほとんどは始めて対応することばかりですね。

困ったときはググってみたり、YouTube動画で勉強したり、ツテを頼って本業の方に聞いてみたり…

さすがに6週間もやっていると、たいていのことには対応できるようになりました。

 
そして、電話を受けても依頼を引き受けるにいたらない相談も判別できるようになりました。

ここまでくるのに、たぶんかなりのフリーダイアル料金を費やしています。<まだ未請求(泣)

深夜時間帯には、話のろれつが回っていない相談電話も多くかかってきます。

中には、3時間近くもお話を伺ったこともありました。<無報酬どころか、電話代はこっち持ちですよ!

数時間も電話で振り回されたあげくに、料金すら払ってもらえなかったことも… <さすがにキレてしまった

今ではもう、怪しさを感じたらすぐにお断りをしています。<つまり、お金を払う気がない人ですね

 
便利屋というと電話で仕事の依頼がくると思われるでしょうが、

実は稼ぎの大半は、知人の紹介だったり、同業者からの下請け仕事だったりします。

電話受注だけで稼ごうと思ったら、リスティング広告の費用がどれくらいかかるのでしょうか?

今はホントに資金がないので、広告費用を数万円しかかけていません。

一日に何本も電話がかかってくるようになるには、数十万円規模で広告をださないと駄目かもしれません。

今はまだいろんなやり方をテストしながらやっていますので、そのうちに効率的な広告の出し方が見えてくるでしょう。

 
現状の売上は、深夜配送トラックの稼ぎと同じくらいな金額です。

ということは、必要経費を差し引くとマイナスですね。

新しい依頼のたびに、いろんな道具を揃えていますから、あきらかに足りません。

それでも大人一人が生きていくには十分すぎるお金ですが、家族を養うにはちょっとキビシイ現状です。

 
 
実はこの便利屋開業するにあたって、とある情報商材を購入しました。

便利屋開業に関するノウハウがいろいろ書かれていましたが、ハッキリ言って笑えないレベルです。

便利屋サイト(ホームページ)の作り方にいたっては、もうすでに終了したサービスを説明しているありさま。

実は、その情報商材に書かれていたことは、その人が著者として出版した便利屋開業ノウハウ本とほぼ同じ内容でした。

 
でも、この情報商材についてアレコレと文句はありません。

なぜなら、今になって思うとほんとに数万円程度で何かを得ようとした私が愚かだったからです。

逆に、それだけお金を出したのだから、なんとしても元をとってやると開業にこぎつけた感じです。

実際に開業して始めて見ると、その情報商材に書かれていたことはどれも自然に解ることばかりでした。

つまり、あれこれと考える前に実際に開業(行動)してみないと話は始まらないということです。

ある意味で、便利屋の開業ができたのはその情報商材があってこそでした。<その気にさせてくれたことは素晴らしい効果です!

それと情報商材の作り方も、なるほどなと参考になりました。

 
もしも便利屋の開業を考えている方がいるなら、ダメ元でサイトを作ってリスティング広告を出してみることをオススメします。

あとは、地元で商売をしている友人や知人を多くつくること。<仕事を紹介してもらえます

凹むほどきびしいアドバイスをしてくれる人がいれば、さらに心強いです。

そういう方から商売マインドを勉強することで、顧客目線でビジネスをすることの意味に気づいてきます。

 
それと依頼電話を待っているだけでは時間を持て余すので、さらにネットを利用した物販もただいま準備中です。

いわゆる、国内での転売や、海外への輸出ですね。

それらを勉強するために、今度は高額なお金を出して塾に入りました。

この塾ではノウハウよりもマインドを大切にしていて、ほんとに考える力が身につく感じです。

結局は、誰よりもビジネス(顧客目線)のことを第一に考えることこそが商売の基本なんだと解ってきました。

そして、当たり前に地味なことを継続持続すること。

 
 
現実の便利屋開業とは、ものすごく地味であり、日々、新しいことへのリスクとチャレンジです。

いろんな商売の構想はありますが、今はとにかく月収100万円が当面の第一目標です。

100万円を越せば、今とは違う世界が見えてくるに違いありませんから。

 
このブログでも、日々刻々とマインドが変わっていく私の姿が感じられることでしょう。

なんとしても、便利屋の世界で生き残ります Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


 
何でもやります!埼玉の便利屋 | 24時間 年中無休で対応、深夜でも駆けつけます
(通話料無料フリーダイアル)0120−752−380 へ、今すぐお電話を …


 
じゃあ、またね〜

 
記事のシェア&RSSリーダーへ登録をお願いします <(_ _)>






 



facebook comments:

コメントを残す