マーチングコンテスト西関東大会の大きな壁に挑戦してきました!

 
土曜〜日曜日、マーチングコンテスト西関東大会へ出場する群馬県立高崎商業高校(高商)に、部外コーチとして同行してきました。

この学校への指導は、もう4年目。この間、年ごとに目にも耳にも明らかなほど上達しています。

この大会では上位3校が「金賞」、そのうち1位2位が全国大会への出場権が与えられます。

結果は「銀賞」(参加8校中4位)。

img_0108-1

今年はほんとに大きな手応えのある出来栄え!

マーチングとして少人数にも関わらず挑戦者としてコンテストに挑んだ姿勢と、今年のチームを引っ張ってきた3年生のリーダーシップは素晴らしものがありました。

挑戦者だからこそ!

挑戦者(チャレンジャー)という意気込みは、ある意味、私の生き方の投影とも言えます。

私自身が、そういう気持ちでコーチをしてきました。

毎年のように固定化した全国大会常連校に挑む姿勢として、常にこの挑戦者という意気込みを忘れないことが大切だと。

どんなに固い石であっても、常に水の雫が滴り落ちて入れば、いつかは穴が空くのです。

周囲から見てどんなに「無謀な挑戦」だと思われても、最後に勝ち上がることができれば周囲の見方は変わってきます。

大切なのは、途中であきらめないこと

その思い(執念)と行動を止めなければ、どんな固い石にも穴を空けることができます。

その挑戦者魂を後輩に引き継いでいき、いつかは全国大会の出場権を確保できる日が来ることを信じています。

 
高商の生徒たちと共に過ごした時間は、私にとっても素晴らしいパワーを共に築けた貴重な時間でした。

ほんとに、ありがとう!

生徒たちを支えた顧問先生と保護者のみなさんからも、熱い気持ちをいただくことができました。

ほんとに、ありがとうございます。

 
じゃあ、またね〜

 
記事のシェア&RSSリーダーへ登録をお願いします <(_ _)>






 



facebook comments:

コメントを残す