昼間からブラブラしてる心の余裕がチャンスを広げる

 
我ながら朝から呑気にブラブラしています(笑)

どう見てもカタギの勤め人ではありません。

午前中、開店したてのスーパーをウロウロしていると、近所の高齢者や農家さんとお会いすることも多々。

 

昼間からブラブラしてる心の余裕

もちろん夕方から深夜、時には朝方まで働いているから、こうして平日の真っ昼間にブラブラできるわけです。

とは言うものの、実はいまだに心の焦りを感じていたりもします。

こんな平日の真っ昼間からブラブラしてていいのだろうかと。

いや、時々は昼間も仕事や用事をしていますので、連日のようにブラブラというわけではありませんよ。

それでも近所の人と出会うと、「最近は深夜に働いていますので、こんな昼間から失礼しています」なんて弁解じみたことまで言ってしまいます。

 
それで最近、やっと昼間ブラブラ生活に慣れて、今までとは違う視点を持てるようになりました。それは…

どんなにお金や時間に余裕がなくても、昼間からブラブラしている心の余裕がないとチャンスを見逃してしまうし、ハッとする素敵なアイデアも生まれない。

忙しさに心を奪われてしまうと、目の前のチャンスにも気がつかないし、新しいアイデアも思い浮かびません。

目の前のチャンスとは、そのことに気づくという心の余裕ですね。

私の場合、書籍との巡りあいで新たな視点に気がついてチャンスを手にするというパターンが多いです。

だから、ちょっとでも気になる本と出会えた時は、その著者が書いている別の本やオーディオブック、それに関連した本を手当たり次第に漁るようにしています。

そこから今まで予測もしていなかったようなチャンスに巡り会えるんですね。

新しいアイデアと出会えるのも、そうしたキッカケです。

 
常に新しいアイデアを受け入れる心の余裕を持つこと。

そのために、お金や時間に余裕がなくても、悪ぶれずに昼間からブラブラする。

人から声をかけられたり、お願いごとをされたときは、すぐに「いいですよ。やりましょう」と即答できるように。

自分に時間がないと断りをしていると、心を閉ざしてチャンスを捨てているようなものです。

ほんとに時間がなければ、コーディネートに徹して他の人に繋げればよいだけのこと。

昼間からブラブラしているのは、まんざらでもないわけですよ(笑)

 
じゃあ、またね〜

 
記事のシェア&RSSリーダーへ登録をお願いします <(_ _)>






 



facebook comments:

コメントを残す