本を1冊読了。特に注目の箇所にはメガネマークを記入してます

 
藤原和博『藤原先生、これからの働き方について教えて下さい 100万人に1人の存在になる21世紀の働き方』を読了しました。


 
本の内容はさておき…

おなじみ鉛筆シャーボで閃きの箇所に線を引きながら読んでいると、さらに「オッ!」という箇所に出くわします。

特に、図表やイラストなどに注目すべき箇所が多くあります。

そういう箇所でわたしが用いているのが「メガネマーク」です。<下画像の右上に書き込んだメガネマークです

IMG_1858-1
 
このメガネマークは多くの音楽家にとっては定番のマークです。

というのは、演奏していて特に注意すべき楽譜の箇所に記入するのが、このメガネマーク。

例えば、この部分で指揮者がテンポを揺らしたりするので要注意!みたいな感じです。

 
人により、いろんなマークがあったりすることでしょう。

受験生などは、蛍光ペンで色鮮やかに塗りたくっている学生もいます(笑)

本は大切に扱うものという考え方もありますが、

教科書のようにこの本から何かを学ぶという姿勢なら、どんどん書き込むべきだと思います。

後から参照が必要な箇所には、小さなポストイットを貼ると目印にもなりますね。

本は使い倒してなんぼじゃ! という読み方です。

 
でも、自分で買った本じゃないとダメっすよ。

図書館で借りた本には、おとなしくポストイットで済ませましょうね。

 
じゃあ、またね〜

 
 
〜〜〜【お知らせ】〜〜〜

毎月、最終日曜日の朝に『日曜朝塾』を主催しています。その時のテーマに応じてお話ししたり雑談したりという気楽で知的な場です。

このブログを読んで、内容や私(みやざき克彦)に興味を持たれた方は、直前までに連絡をしていただき、直接に会場へお越しください。どうぞお待ちしています!

 日時:毎月最終日曜日 朝08:00〜09:45
 場所:ガスト 上福岡店 (東武東上線・上福岡駅東口下車 徒歩1分)
 連絡先:みやざき克彦 メールFacebookTwitter

 
記事のシェア&RSSリーダーへ登録をお願いします <(_ _)>






 



facebook comments:

コメントを残す