[ふじみ野] レモンで、大根で、塩水で電気が作れたよ! ふぁいぶる実験教室「電気を起こそう」

 
毎度おなじみの「ふじみ野ふぁいぶるクラブ・科学実験教室」です。

今回の実験は、「電気を起こそう」。レモンや、大根や、塩水で電気を作っちゃいました。電子オルゴールが上手く鳴るでしょうか?

IMG_2007-1
 

科学実験教室「電気を起こそう」

電気を起こすと言っても、そんな大それたことではありません。小さな電子オルゴールが鳴らせるかなって程度。LED豆電球はちょっと無理かな。

電気を起こすには、電解質があればOKです。電解質とは、要するにイオンがあるかどうかです。レモン、大根、こんにゃく、塩水、イオン水(笑)などなど。

その電解質に電極を差し、クリップコードを電子オルゴールにつければOK。さすがにメロディーは鳴りませんが、「ブ、ブ、ブ…」とか「ブー」とか微かに鳴ります。

さて、上手く鳴りますでしょうか?

 

実験を見てみよう!

まずはご挨拶。そして電気についてお勉強タイムです。「電線にとまっている鳥は、なぜ電気に感電しないのでしょうか?」とかね…

<答え、わかりますか(笑) 正解のヒントは、最後まで読むと出てきます。

IMG_1958-1
 
まずは、レモンに電極を差して電池を作ってみよう!

IMG_1961-1  
IMG_1963-1  
IMG_1970-1
 
大根でもちゃんとオルゴール、いやブザーが鳴ります

IMG_1973-1
 
この混沌さは、いやダメでしょ(苦笑)

IMG_1980-1
 
たくさんレモンを連結すれば、ちゃんとオルゴールが鳴りました。イェーぃ!

IMG_1982-1
 

東京電力さんにいろんな発電模型を持ってきていただきました

今回、東京電力志木支社さんから、いろんな発電模型を持ってきていただきました。子どもたちに大人気! やはり身体を動かさないとね。

IMG_1997-1
 
うちわで扇ぐ風力発電。これはなかなか回らない。

IMG_2006-1
 
自転車で漕いで発電し、扇風機を回そう! <これは大人気!

IMG_2003-1
 

まとめ

ふじみ野ふぁいぶるクラブ科学実験教室も、回数を重ねて盛り上がってきました。参加申込者も多数になり、抽選で人数を絞っている状況です。これ以上の対応は、スタッフ不足で難しいのが現状。

実験教室のボランティア・スタッフとして参加してくださる方がいましたら、ぜひとも私まで連絡をしてください。余裕があって参加できるときだけ参加するというスタンツですので、ご負担にはならないかと。

ボランティア・スタッフ大募集中です!

<スタッフとして参加してくだされば、実験教室の予備実験で、自分のお子さんに思う存分、実験を楽しんでもらえますよ。

 
最後にみんなで記念写真。はい「グリコ〜、ポッキー〜!!」。パシャ!

IMG_2008-1
 
ちなみに、足の長い鳥がお股をググッと拡げて、2本の電線をまたいだとしたら… 鳥も感電します。

そりゃそうだわさ Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 
じゃあ、またね〜

 
記事のシェア&RSSリーダーへ登録をお願いします <(_ _)>






 



facebook comments:

コメントを残す