読書を行動につなげる人は、いつも読書メモを読み返している。本田直之『レバレッジ・リーディング』

 
読書をしていますか? 読み終わったら読書メモをつけていますか? 読書メモを読み返して行動を起こしていますか?

1500円の本一冊から得た知識は、100倍のレバレッジが効いて、およそ15万円の利益を生むのです。もちろん、ただふつうに読んだだけでは100倍になりません。本を読んで得た知識をビジネスに生かすことが絶対条件です。
本田直之『レバレッジ・リーディング』東洋経済新報社


レバレッジ(てこ)とは、少ない労力で大きな結果を出すこと。「本を読んで、そこに書かれているノウハウを自分流に応用し、実践で活用すること」。だからこそ、1500円の本から15万円の利益が生まれます。

IMG_1265-1
 

読書メモがないと読書はアウトプットに結びつかない

本田直之さんは、「せっかく投資した時間とコストを回収するためには、「読書後のフォロー」を行うことが絶対に必要。」と言っています。読書は自分への投資。素晴らしい知恵とノウハウが詰まった本を読むことは、最大の自己投資です。

メモすることで記録に残し、実践に使ってみる。メモの内容を自分の中にすり込んでいき、習慣化することで正しいやり方を身につけたり、あるいは、実践のプロセスで、メモしたことがそのままで使えるか使えないかもわかる。


本を読んだだけでは、どんなに感銘を受けたとしてもそのうちに忘れてしまいます。その内容を記憶にとどめるためも、感銘を受けた箇所をメモに記録します。私は読書をしながら、これはという箇所に小さな付箋紙を貼り付けています。そして読み終わったあとに、その箇所を再び読み返しながら、Evernoteに「読書メモ」を作ります。

本の線を引いた場所をパソコンに打ち込んでメモを作る。それを常に持ち歩き、ちょっとした隙間時間にパラパラめくって眺めることで頭の中に焼き付けます。そして、実践して自分の身につけていきます。この作業をしなければ、1500円が100倍の15万円になることはありません。


肝心なのは、この「読書メモ」を常に見返すこと。Evernoteなら、iPhoneでいつでも読み返すことができるのが便利です。読み返しながら、思いついたアイデアを再びEvernoteへ書き加えています。道を歩きながら何かアイデアを思いついた時、そういえばあの本に書いてあったと気がつくことも多々。それもすぐにEvernoteへ入力します。

 

読書メモは私の軍師

戦国武将には、名軍師がついて戦略を補佐していました。私にとっての軍師は、この「読書メモ」です。人生の岐路に立ったときに、人生を戦略的にサポートしてくれます。

たとえば、「すべてのことに、先に感謝をして、恩返しをしよう」という私の行動ルールは、武田双雲『ポジティブの教科書』を読んだ読書メモから得たヒントです。ただ意味もなく笑顔でニコニコしてるのではなく、相手が私に何かをしてくれるという前提で、それを先回りして感謝と恩返しの気持ちを持とうというルールです。

ただ単に読書メモを読み返すのではなく、そこに書かれている事柄を実際に行動してみる。それが自分にシックリくると解れば、常に行動できるように心がける。そうすることで、自分を取り巻く世界を見る視点が変わってきます。おそるべし「読書メモ」の効用!

最終目的は「本で読んだ投資活動からリターンを得る」こと。いつもメモを持ち歩き、くり返し何度も読むと、その内容が自分になじんでくる。


ビジネス書だけではなく、新聞でも小説でも、ネットのブログ記事からでも「読書メモ」は作れます。世の中に溢れている素晴らしアドバイスを受け取り、それを行動に繋げる。そのツールが「読書メモ」なんですね。

 


といいつつ、読むだけ読んで付箋をつけまくったまま放置中の本が12冊も…
早いところ「読書メモ」に落とし込まなければ Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 
じゃあ、またね〜

 
記事のシェア&RSSリーダーへ登録をお願いします <(_ _)>






 



facebook comments:

コメントを残す