ランニングは、iPhoneアプリ「Runmeter」でGPS記録するのがオススメ

 
そろそろランニングが気持ち良い季節になってきました。

5月のそよ風を浴びながら、ランニングするボク(苦笑)<自己陶酔モード

IMG_1161-1IMG_1162-1
 

ランニングを記録する

ランニング中は、iPhoneアプリ「Runmeter」でGPSデータを記録しながら走っています。タイムはもちろんのこと、距離、消費カロリー、平均ペース、高度、地図など、いろんなデータを記録しながら走れるという素晴らしアプリですね。

これが4、5年前くらいだと、ストップウォッチ機能付き腕時計を使って、タイムを計りながら決まったコースを走るというパターンでした。ランニングを楽しむというより、ランニングを鍛えるという感じですね。

今は、便利なGPSアプリのおかげで、自由気ままにコースを設定して、その時の気分でいろんな所を走っています。走るというより、徘徊ランニング?

 
Runmeter GPS 歩数計 – ランニング ウォーキング サイクリング トレーニング 10.2.4(無料)
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, スポーツ
販売元: Abvio Inc. – Abvio Inc.(サイズ: 29.2 MB)


 

記録をして体調を管理

特に、走るペース(1kmあたりのタイム)配分は重要です。あまり速く走り過ぎると、足が故障する原因になるので、地味に6分/kmより速くならないように気をつけています。こうしてリアルタイムに記録を取りながら走れるので、とても助かっています。

というのも、一時期、4分台/kmでトレーニングを続けていたときに、重傷の肉離れを起こして、ほぼ2年ほど走れなくなった期間があったからですね。今では、できる限り6〜7分/km程度をマックスにして、ゆっくり楽しく走るように気をつけています。

もっとも、そのリハビリの意味もあって、毎日往復30kmのサイクリング通勤を始めたという副産物もありました。ランニングとサイクリングは同じ足を使う運動ですが、使う筋肉が違うのです。肉離れで走れないのに、なぜか自転車は何時間でもOKという不思議さです(苦笑)

 

まとめ

ランニングを長く習慣化して走るには、毎日頑張ってあまり長い距離を走らないようにした方が良いかもしれません。ボクが身体の疲れを残さずに毎日走れる距離は、5kmくらいが限界かと。

ほんとならば、毎日コンスタントに走れれば良いのですが、サラリーマン仕事をしている間はなかなか時間が取れそうにありません。その代わり、往復30kmのサイクリング通勤をしているので、良しとしましょうか(笑)

今の悩みは、新しいランニングシューズが欲しいこと。もうそろそろボーナス払いが使えるので、買っちゃおうかどうか思案中です。

 

 
足のサイズは「28cm」だけどさ、、、 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ?

 
じゃあ、またね〜

 
記事のシェア&RSSリーダーへ登録をお願いします <(_ _)>






 



facebook comments:

コメントを残す