収入はお金に対するセルフマインドで大きく変わる

投稿者: | 2020年8月26日

サラリーマン家庭で育つ子供の多くが親から言われる言葉があります。

それは「うちは貧乏だから○○○」というセリフ。

これを聞きながら育つと、その言葉が脳内にメンタルブロックとして埋め込まれてしまい、お金に対するマインドが貧乏になってしまいます。

私が自衛官を辞めて便利屋を始めたときに苦労したのが、このお金に対するマインドでした。

つまり、サラリーマン的マインドで商売の価格設定をしてしまったのです。

最初は他店の価格設定を参考にしながら決めましたが、これも大きな失敗でした。

便利屋の多くが数年で廃業をします。その大きな原因は価格設定だと思います。

つまり、サラリーマンの感覚で価格設定をしている限り、どうやっても儲けが出ないのです。

実は価格設定を高くしようが安くしようが、ちゃんとお客様は付きます。

逆に高くした方がより良質なお客様と出会える確率が上がります。

価格を安くしたり値引きしたりすると、より質の悪いお客が寄り付いてドタキャンやクレームが増えます。

なにより、価格を高くした方が時間に余裕ができて質の良い仕事ができます。

「うちは貧乏だから○○○」というお金のメンタルブロックがあると、収入が上がらないばかりか、お客の質が下がってストレスが貯まる傾向になります。

まして価格が安いと細かなオプション設定をして現場で価格を吊り上げることも必要です。

大手フランチャイズの便利屋はこの方法で売上を上げる努力をしています。

同じ依頼であっても、こちら側の受け答え方次第で15,000円が50,000円にもなるし、10万円が100万円になることも夢ではありません。

稼げるかどうか、良い仕事ができるかどうかは、自分のお金に対するマインドによるところが大きいでしょうね。 

それは自分の仕事に対する自信にも繋がります。

この話は世間に出回るビジネス本にはほとんど書いてありません。

あえて言えば、お金に余裕のある家庭に育った人なら感覚的に解るかもしれませんね。

あとは、自分で何度もトライアンドエラーを繰り返して初めて気づく事だと思います。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ