30秒で終わるメールはすぐ返す。5分で終わる仕事は、片っ端から片づける。

 
30秒で終わるメールはすぐ返す。5分で終わる仕事は、片っ端から片づける。

これは、堀江貴文『本音で生きる』p115 に書いてある言葉です。

やらなければならないことが多すぎて、何から手をつけたらよいかわらかない人へのアドバイスとして、仕事に優先順位をつけずに片っ端から仕事をこなしていけということです。

以前にこの本を読んだときも「そうだ!」と思い、すぐに目の前の仕事を片づけ始めました。<と言いつつも三日坊主でしたが…

そして、今回も同じこの115ページ目で目が吸い付けられ、同じようにすぐ目の前の仕事を片づけています。

私も実はかなりいい加減な人ですから、これはと思ったことをすぐに行動に移しますけど、その代わり飽きるのも人一倍に早いのです。

で、飽きてしまったら、また同じ本を読み返して刺激を受け、「そうだ!」と同じことを繰り返します。

誰もが同じ24時間という持ち時間ですが、その中で大きな差が開くかどうかの違いは、「やる」か「やらない」かという差です。

自分の人生を主体的に生きるためにも、「やる」という選択をしてどんどん差を広げたいですね。

ちなみにこの本、自宅の本棚にあるのに、図書館で「これだ!」と思って借りてきたのは内緒(苦笑)

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

コメントする