1日1つ。自分の将来のために何かをする

1日1つ、自分の将来のために何かをする。この小さな習慣を続けることが、これから更に拡大する格差社会で生き残る方法です。できるかできないかではなく、やらないと死にます。マジで!

1日1つなんでもOKです。自分の仕事に関する記事や自己啓発ネタをスクラップするとか、そのネット記事をFacebookでシェアするとか。自分の仕事に関する本や自己啓発本を1日最低でも10ページくらいは読むとか。

パッと閃いたアイデアをメモ帳に記入するとか。同業者との会話でこれは初耳という情報をメモするとか。それらの内容をすぐにネット検索して深堀するとか。

何かをするときのコツは、これをどうお金儲けに結びつけるかという視点で考えることです。お金儲けはあさましいことではありません。お金を儲けるという視点がないと、自分の家族が幸せになりませんから。

自分の将来のために何かをするとは、将来の収入アップにつながるという目的が必要です。自分が成長するとは、イコール、収入がアップするということです。そのためには借金をしてでも自分に投資をすべきです。

日々、私はそういう危機感を強く感じています。そういう時代が今すぐにでもやってきます。たぶん、南海トラフ地震よりも先に来ます。マジで!