東京と埼玉のデュアルライフ

最近はいつも都内でリフォーム仕事をしています。ちなみに今日の現場は新宿区下落合。

毎朝、埼玉から通っていると、東京ってホントに人が多いと感心します。なにせ都内の区3つくらいと、地方の県民人口とが同規模のレベルですよ。

で、毎日都内にいると新宿の徒歩圏内にマンションを借りたいなと思う次第。もちろん埼玉も住みやすくて良いんだけど、どうせならデュアルライフなんてのもいいかなって。

何軒か自宅を用意して、そのときのライフスタイルで住み移るのも良いよね。埼玉の自宅、新宿のマンション、日本海側と瀬戸内海沿岸にそれぞれ別荘。あはは、書くだけタダですから(笑)

でもこうしてブログに書いておくと、ひょっとしてホントに実現しちゃうかもしれません。思考は現実化するってことです。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

結果を出す人に学ぶべし

人は歳をとるほどに過去の実績や経験に頼るもの。お父さんは昔はすごかったんだぞって(苦笑)

でも時代の変化と共に過去の経験は全く役に立たなくなります。そりゃ経験の前提となる時代の価値観が大きく変わってる訳ですから当然のこと。

となると、今現在で結果を出している人に学ぶしかありませんね。そこまでは誰でも考えつきます。その上でさらに重要なことは、その学びのなかに自分の考えを入れてはいけないことです。

ここが誰もが陥りやすいところです。ついつい自分の現状に合わせてアレンジしちゃうんですよ。これアウトです。

結果を出す人のやり方を真似るのであれば、一切のアレンジをしてはダメです。その人の口調を真似るとか、趣味嗜好を真似るとか、そこまで徹底的に真似てください。

相手がどんなに若い人であっても、結果を出している人がすべてです。結果を出している人は時代の流れに沿っているわけだから、その人よりも時代の流れを取り入れることが先決なのです。

結果とはお金を稼いでいること。お金を稼いで家族を幸せにすることが、すべてに優先します。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)

歳をとっても若々しい女性の国

今日の営業先でとても若く見える高齢女性に出会いました。本人曰く70代とのことですが、どこからどう見ても50~60歳くらいにしか見えない若々しさ。お世辞抜きで50代と言っても通用するくらいです。

その理由は顔の皺が50~60代レベルで、さらに首筋に皺がまったくなく普通にツルッとしていること。これはあきらかに体質ですね。なぜなら私の奥さんも同じタイプだからです。

もちろん顔の皺はそれなりに50代くらいはあるので、たぶんいろんなお肌ケアをしていると思われます。でも首筋の皺の無さはほんとに体質でしょう。

体質ということは、ひょっとして遺伝子レベルや細胞?レベルで解明でき、将来は他の方にも再現性があるのではないかと思われます。そうすると… 近い将来は日本人の半分以上を占める50歳以上の女性が、見た目とても若々しくなるのかもしれません。

もちろん本人の楽天的な性格も大きいと思われます。実際にその女性はとても明るい笑顔を絶やさない美しい方でした。

私は若い女性よりも年齢を重ねた女性の方が美しいと感じている人なので、この先の将来は美しい高齢女性が増えてとても良い国になると喜んでいます。

ビバ、明るい未来の少子高齢化国家ニッポン!

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ