家族サービスは仕事よりも疲れますわい…

いつも休みなく働いている私の唯一の家族サービスは、深夜のスーパーへ割引き品を買いに行くことです。お正月も3日になり久しぶりの昼間の家族サービスを実行いたしました。はぁ… 疲れた。

家族サービスと言っても、近所の神社に初詣~イオンでお買い物~マクドナルドで昼食~ダイソーでお買い物~スーパーでお買い物、というささやかな家族サービスです。<これを家族サービスと呼ぶのかどうかは微妙ですが。

それにしても、いつもの過激な肉体労働より疲れました。まるで就職して初めての職場で気を遣いまくってグッタリしたという感覚に近いかも。これは、なんなんでしょうね(苦笑)

もしも同じような感覚を持った方がいましたら、完全に貴方は働き過ぎですよ(笑) 私のような経営者ならいざ知らず、サラリーマンだとしたら完全に働き過ぎです。どっぷりと仕事をしている方が自然体というのは、あまりに不自然すぎますね。

そんな私にも家族サービスの野望があります。あと2年もしくは3年後の年末年始には、暖かい南の島で過ごすという野望です。南の島というとハワイ、グアム、東南アジアの島々… もしくは石垣島という感じです。

そのためには今の会社を大きく育てることが第一。世間でいう社長のイメージどおりな生活を過ごすことが目標です。スーパーで財布の中身を心配せずに買い物をする。こうした細やかな野望が今の私の原動力です。

サラリーマンな生活をしていると、とにかく安定して稼ぐことばかりを考えます。来年も今と同じ生活ができることが第一というマインドです。でも自分の希望とは裏腹に、自分の給料は自分で決めることができません。これってすごく怖いでしょ。

よく私はこう言われます「よくそんなリスクのある働き方をできますね」。いやいや、自分で自分の給料を決められないサラリーマンの方がよほどかリスクな生活でしょと思いますよ。マジで。

私は48歳で自衛隊を辞めました。そのままいれば60歳まで働けましたけど、自分の定年を自分で決めることができないことが最大のリスクだと考えたのです。今は家族サービスすることが疲れる一大事ですが、あと数年後には家族と共に日常を過ごせるようになりたいと願っています。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

今年も初詣で神社ミッションを決行! 壱万円札をお賽銭箱へ

毎年欠かさずにやっている神社ミッション。今年はかなり厳しい懐具合でしたが、それでも迷いなく神社ミッションをおこないました。お金は天下の回りものですから、財布の中にとどめておくことは悪なのです。

神社ミッションとは、簡単に言えば神社のお賽銭箱へ壱万円札を入れること。できればそれほど御利益のなさそうな神社だとなお良し。つまり、あまり意味のないことにお金を使って、天下の回りものであるお金を世間に回すことが目的です。

これが募金箱のような目的が明確なモノだと、そこへお金がとどまるわけですからダメなのです。あくまでお金を世間に回すことが目的ですから、神社の人の収入となって普段のお買い物などで消費してもらった方が目的にかなっています。

というわけで、それほど御利益がなさそうなというのは大変失礼なのですが、例年、知人が神主さんをやってる神社のお賽銭箱へ入れています。この神社は屋台も出ているので子ども達も喜んで一石二鳥という訳です。

最初の頃は壱万円札を入れるのをビビっていましたが、今ではもう普通の感覚でお賽銭を入れています。なぜなら、この壱万円札は必ず世間を回り回って何らかのカタチで自分の元へ戻ってくるという確信があるからです。

とは言うものの、けっして見返りを求めてお賽銭を出している訳でもありません。そうではなく、稼ぎとしてのお金をもらう前に、先にお金を世間に渡しているだけのことなんです。卵が先か鶏が先がという話ですね。

モノが流通するときもそうですが、自分の手元にさまざまな商品が経由することで富が舞い降りてきます。逆に商品の流通が滞ると手元にお金が舞い降りてきません。これが天下の回りものであるお金の性質です。お金が世の中に回っていることが健全な姿なのです。

サラリーマンは会社に自分の時間(人生)を切り売りして稼いでいるわけですから、そういうお金の性質を実感しにくいと思います。自分が会社に売り渡している時間の価値に気づけば、私が言っていることの意味が解ってくるだろうし、これからの仕事の仕方にも変化があるはず。

この神社ミッションについて詳しく知りたければ、こちらのサイト記事を参考にして下さい。私は神社ミッションの提唱者である心屋仁之助の著書を読んでから始めましたが、今では自分なりに解釈してミッションを実行しています。

【神社ミッション】賽銭箱に一万円札を入れる人が急増中? – NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2141317796826657601

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

工事を依頼するときは値引きをしない方が良い理由

最近、家電量販店や車のディーラーで購入することがなくなったので良く解りませんが、今もお店で値引きをする人はいるのでしょうか? ネット通販で購入するのが当たり前の時代になると、価格設定からさらに値引きをするという感覚が薄れてきたように感じています。

まぁ値引きを前提としたお店だとOKかもしれませんが、そうではない工事や修理などで値引きをすることは強くオススメしません。その理由は一つ。値引きをすると業者は必ずどこかで手抜きをしないといけないからです。

よくあるのが消費税分を値引きしてくれという値引き交渉。業者もノルマをこなさなければいけない事情もあり値引きに応じますが、その際は必ずと言って良いほど作業の手抜きをしなければいけなくなる可能性が大です。

手抜きといっても悪意があってやっている訳ではありません。単純に利益が減る分だけ時間を短縮したりして対応する必要があるからです。業者の価格設定とはそういう細かな計算で設定されています。

もちろんその価格設定には遊びの部分があって、本当なら追加料金をもらうかどうか微妙なところをサービスとしてやることも可能です。しかし消費税分を値引きすれば、そういう遊びがなくなってしまいます。

たまに業界の標準価格よりも安い価格で売り込んでくる業者がいますが、これは最初から作業工程を抜いて対応することを前提とした価格設定になっています。当然ですよね。安いモノは安いだけの理由があるのです。

家庭内のちょっとしたリフォーム工事や修繕などにかかる価格にはある程度の基準額があります。例えば、1人の職人が出張すると税別で約18,000円/日ほど経費がかかります。それに作業料金がプラスされる感じですね。

そうした基準額を基にして会社は売上予測を立てています。値引きに応じるとは、そうした損失分をどこかで取り戻す見込みがないと気軽に応じられるものではないのです。<このあたりは営業マンの手腕にもよりますね。

それとは別の理由で値引きに応じる業者もいないわけではありません。それは単純にどんぶり勘定で経営をしている業者さんです。わりと個人商店などに多いですね。そんな程度の仕上がりで十分と割り切れば、まぁ利用する手もありでしょう…

今年、必ず身に付けたい成功の鉄則はこれ!

昨年いざという場面でなかなか出来なかったことを、今年はなんとしても身に付けたいと思っていることがあります。それは、これが出来ると鬼に金棒という成功の鉄則です。実際、出来たときはかなりの確率で上手くいきました。

それはどんなことかというと… 「いざという場面で、できない理由を考えないこと」。物事が上手くいかないときほど、いざ行動しようとした時に気後れしてしまって「それができない理由」を考えてしまい行動にブレーキがかかってしまうのです。

総じて物事が上手くいくかどうかの可否は、自分が行動するかどうかにかかっています。つまり、相手がどう思うかはほとんど関係がありません。こんなことをしたら相手はどう思うかを考えることは「それができない理由」をひねり出している行為なのです。

たとえば、男性がある女性へアタックしたいと思ったときに最も邪魔になるのが自分自身の良心ブレーキです。もしもアタックして相手に断られたらどうしようと行動する前に考えてしまうと、とっても怪しいアタックになって不審がられてしまいます。相手の気持ちを考えるふりをして、実は自分の保身を考え出しているんですね。

僕は貴女が好きなんだ!貴女が欲しい!という熱意をストレートに伝えるだけでいいんです。「できない理由」が脳裏によぎると、なぜ好きなのかという理由をあれこれ説明する怪しさ満点なアタックになってしまいがち。基本は、当たって砕けろ!です。

それは恋愛のみならず、いろんな営業にも通じる成功の鉄則です。人はだれでも「それができない理由」を即座に考え出します。成功できない人ほど誰よりも数多く考え出します。仕事はもちろんのこと生活のあらゆる場面で、相手がいればそれは営業です。

昨年は多くの(広義の意味で)営業する場面において、瞬間的に「それができない理由」を考えてしまい失敗を繰り返してしまいました。ほんとに自分でも情けないほどに失敗を繰り返してきました。

生活の小さな場面では、目覚めの布団の中で「あともう10分ほど…」と思って起きれなかったり… これも 「それができない理由」 を考えているわけです。後になって必ず「もう10分早く起きていれば…」と失敗につながってしまうのです。

そのためにも、今年の抱負は「行動する前には何も考えない」という成功の鉄則を忠実に守ること。日々の生活の中で小さな成功を積み上げていき、成功体質を身に付ける。これに尽きます。

かかとの角質を取る危険な裏技

かかとの角質をどうケアするか。私のかかとも年相応にかなり角質が層になって固まっています。いや、いました。今はすっきりと取れて、とてもスベスベなお足裏になっています。

なんて言いますが、実はこれまったくの怪我の功名です。だから「超」危険な裏技と言えます。ほんと目からウロコが落ちるくらいスッキリと角質がキレイに取れました。

してその裏技とは… お風呂掃除をすること(笑) いや、そうではなく本気モードで3時間もかけてお風呂の大掃除をしたら、結果的に角質がキレイに取れてしまったという訳です。

私のお風呂掃除はリフォーム業として本業ですから、当然ながらプロのお掃除です。通常ならばマジックリンのような洗剤を使うところを、カビハイターをまるまる2本以上使い切ってやるお風呂掃除です。

手は保護のためにゴム手袋をしていますが、足は素足でやっています。普段の依頼仕事ではカビハイター液が溜まった床に長時間素足を漬けませんが、たまたま自宅のお風呂掃除では長時間ふつうにカビハイター液に素足を漬けていました。

そして大掃除後にお湯をはってお風呂にはいったところ、自分の足がヒリヒリと染みることで角質がまったくなくなっていることに気がついた次第です。いやホントにスベスベな足裏になって驚きました。

でもカビハイター液に直接に素足を漬ければ角質がキレイに取れるかどうかは保証できません。なにせ3時間もかけてお風呂大掃除をした結果、たまたま角質がキレイに取れてしまったのが真相ですから。

もちろんその夜から翌日にかけて、ずっと足裏が痛くて歩きにくい状態でした。そりゃ仕方がないですよね。もしも試してみる場合は、自己責任でよろしくお願いいたします。

いままでにも無茶苦茶な薬の飲み方をして危ない自己人体実験などをやってきましたが、このカビハイターでの角質除去は驚くほどの効果です。もちろん、上手くいくかどうかは運任せですがね… (苦笑)