自分の定年は自分で好きに決めたい

 
定年という言葉が苦手です。まるで他者に自分の寿命を決められているようで大きなお世話でしょ。

 
私は48歳の時に、それまで務めた自衛隊音楽隊を自分から退職しました。つまり、定年を拒否ったわけです。

他者に自分の仕事寿命を決められるなんて、そんな従順な気持ちは髪の毛一本すらも持ち合わせていませんでしたし。

私は100歳まで自分の好きな仕事で働く気持ちが満々なので、ちょうどここらがキャリアを変える潮時だと考えていました。

 
もともと日本人は自分の意思で隠居をする時期を決め、第二の人生をプランニングしていました。

ところが、いつの間にか会社の都合で定年(隠居)を決められた上に、年金まで支給されて人生を国家にコントロールされるという残念なことになったわけです。

自分の人生なのに、その結末を年金という巧妙な方法で国家に牛耳られているという感覚すらないのが、現代に生きる人々の常識です。

 
その定年&年金という足枷から自由になるには、いつまでの自分の意思で働き続けることが人間らしい生き方ではないかと思うところです。

確かに、年金と貯蓄資産を運用しながら趣味を謳歌する老後というのもありです。それは価値観の違いですね。

それでも私は、一生涯、自分で稼ぎながら好きで楽しい仕事を謳歌するというのが目標です。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ