学校のあいさつ運動で苦笑してしまう件

 
小学校でも中学校でも、はたまた高校でも、良い学校の基準は「あいさつ」とされています。

知らない学校へ行ったときに、生徒や児童が「こんにちは」を声をかけてきたら、あぁなんて素晴らしい学校なんだと感じちゃうわけです。

実際に「うちは挨拶がよくできている」という学校でアンケートを取ると、「あいさつができている」という生徒の自己評価が6割もあれば驚愕のラインです。

そもそも子どもが大人にあいさつをするというのは、ある意味でとても無理をしています。しかも、知らない人に挨拶をするというのは、強制でもされないとできるものじゃありません。

仮に、もしも子ども達が普通に街で知らない大人に「こんにちは」と挨拶するなら、それは防犯的には「知らない人に挨拶するのは止めなさい」となりますよね(苦笑)

挨拶というのは、自分と他人や地域という関係性の視点がないと、自然に口から出てくるものではありません。学校で子ども達が大人に挨拶するというのは、口悪く言えば駅前などの募金運動で「募金をお願いします」というのと同じ脳の使い方です。

つまり、生徒や児童が学校への帰属意識から、学校へ訪ねてくる他人へ「この学校は素晴らしいんですよ。」と表現している行為です。お店に入ると店員から「いらっしゃいませ、こんにちは」というのと同じですね。

挨拶ひとつで屁理屈を言うなとお叱りをうける話ですが、自然体で他人へ挨拶を交わすというレベルへ上がるには、この学校への帰属意識を外しても挨拶ができるかというマインドを育てることが必要です。つまり、大人がそういうマインドで挨拶する姿を見せ、子ども達に感化をしていかないとキビシイという話です。

学校の正門で、若い教員やPTAの保護者さんが「あいさつ運動」の旗を持ちながら挨拶をしている中に混じっている自分も、なんかこれ駅前の募金運動だよなと心の中で苦笑しています。

そもそも、「あいさつ」を運動と言っている時点で、これ昭和ですよね。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

やはり本は読んだ方が良いのでしょうか?

 
やはり本は読んだ方が良いのでしょうか? 結論から言えば、どっちでも良いと思います。

本をたくさん読んだとしても、それほど人生は劇的に変わりません。司馬遼太郎さんの歴史小説をすべて読破したとして、人生はなにも変わりませんし、西村京太郎さんの推理小説を読破したとしても、鉄道やJRについて学べるものは多くありません。

ではなぜ本を読んだ方が良いのかというと、それは他人(著者)の思考法を自分の脳にインストールすることで、行動するときの自信がつくからです。

人生を変えるために必ず必要なことは、行動することです。何らかの行動をしなければ、人生は変わりません。とても立派なことを考えたとしても、行動しなければそれはなにも無いに等しいのです。

行動するために本を読むのであれば、本の全てを読む必要はありません。読んでいて感動したり、何かに感化されたとしたら、すぐに本を置いて小さな行動すれば良いんです。その感化された文章を引用してSNSに呟いたり、読書ノートにメモしたり、紙にマジックで清書して目の前の壁に張り出したり。。。

健康法の本を読んで、通勤時に一駅分を歩くと良いという文章に感銘したなら、早速明日の通勤からやってみようと固く決意するよりも、SNSに明日は一駅分歩くぞ!と書き込んだり、一駅分を歩くにはどれだけ前倒しで自宅を出れば良いかを計算するほうが、よほどか現実的です。

それはビジネス本や自己啓発本だけでなく、小説でも同じ事。主人公の洒落た台詞や著者の文章にお気に入りがあれば、すぐにその表現を使ってみれば良いんです。鏡の中に自分に向かって話しかけても良し。それだけで、小説の中の人物にリアリティが増してきます。

私が以前、年間200冊以上の本を読んでいた経験から言うと、そんなに本を読んでも単なる時間の無駄です(笑) 本を読むことが大切なのではなく、本を読んでどう行動したかが重要なのです。そのことに気がつくまで、私は30〜40年以上の月日を費やしてしまいました。

人と違った面白いことを言っても、自分の人生はかわりませんし、人と違った考え方を口にしたところで、自分の人生は何もかわりません。人と違った行動を起こすことで、自分を取り巻く時間や環境が大きく変わってきて、結果として人生に変化が生じます。

昔は、本を読むと頭でっかちのバカになると言われていたんですね。何もないゼロから戦後の日本を興してきた先輩方は、行動しなければ何も変わらないことを肌身感覚で知っていたのでしょう。それは、どんなにテクノロジーが進んだ現代でも同じことです。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

昨日の自分をライバルにすれば、他人への嫉妬すら感じない

 
「私はこんなに頑張ってるのに、なんであの人に追い越されるの!」なんて意味の無い嫉妬はもうやめましょ。

どんなに自分と他人を比較しても、そもそも身体も知力も環境も異なる他人と比べること自体に無理があります。スタート地点が異なる人と競争するなんてナンセンス。

学生時代や会社の中にいると、その限られた狭い環境の中だけで意図的に競争をさせられるから、そういうそもそもの設定が違うことに気がつかなくなってしまうのです。ある意味で催眠状態なわけです。冷静になって考えてみればすぐに解ることなんですけどね。

もしも、スタート地点が異なる人同士をわざとけしかけて競争させる上司・教師がいるなら、もうそこから逃げ出した方がいいです。そのまま頑張ってしがみついても、そういう職場や学校は数年の内に崩壊しますから。

もしも競争をしてモチベーションを上げたいなら、迷いなく昨日の自分をライバル視してください。スポーツであれば昨日の自分が出したタイムや、昨日の自分が練習したメニューなどと張り合うのがベスト。そうすることで、自分自身が成長していることもすぐに視覚化されます。

芸術系であれば、頭の中で自分が置かれた状況をイメージして、様々な場面での自分を妄想?します。例えば、音楽であれば今日のお客さんを具体的にイメージして、その前に立つ自分をイメージしながら演奏してみる。明日は、また違うお客さんをイメージします。

仕事であれば、昨日の自分を引き継いでお客さまと接します。昨日の自分よりもさらに好印象に務めるか、昨日の自分ではできなかったサービスを心がけるとか。昨日の自分よりも1秒でも多く笑顔で接するとか。

他人と自分を比較することを止めれば、他人への無意味な嫉妬心もおきませんし、他人の成功も一緒に喜ぶことができます。余分な雑音が少なければ、それだけ自分のためにエネルギーを使うこともできます。

あとは… そうやって昨日の自分をライバルにして日々成長を目指す。。。 という行動を起こすのが大変なんですよね。
だから、やはり他人と比較するのが楽で簡単なんでしょう(苦笑)

その代わり、それが良いと知ってても誰も行動しないから、ホントに行動さえすればそれなりの成果を実感できます。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

ブログは何のために書くの? 実は奥が深いのです

 
今日、2月6日は「ブログの日」。ブ(2)ログ(6)で、2月6日。サイバーエージェントさんが日本記念日協会に登録料10万円を支払って制定した記念日です。ブログをたくさん書いてくれれば儲かる方々が、ブログの日を制定しました(笑)

で、「ブログは何のために書くのか」を考えてみたとき、ただ文章を書くのが好きだから書いてるんでしょと思う人は多いですよね。FacebookやTwitterへの書き込みも、同じように好きだから書いていると。

でも中には、これらを自身のプロモーションと最初から目的を絞って書く人が少なからずいます。「私はこういう人です」と、なりたい自分を演出させて見せるために書くわけです。そうでなくても、ネット上で「見せること」と「見せないこと」を区分けして書き込むことだけでも、それなりの効果がありますから。

Facebookなどでも注意して見てると、見せたい自分だけを意図的にクローズアップして書き込みしている人がいます。ブログやSNSで多く露出している人ほど、見せたい自分を演出して見せている人は多いのです。

会社の出張のたびに、地方での美味しいグルメ写真をアップし続けるだけで、この人はグルメ系旅行に詳しくて、いろんな面白い話をするんだろうなと思わせるわけです。この手法を効果的に使えば、なりたい自分をネット上で演出することで、何もしない人に比べて劇的なスピードでなりたい自分になることができます。

例えば、定年後は今まで趣味で細々とやっていた山登りをいっぱい楽しもうと思ったら、定年の数年まえから山登りに関する記事をブログやSNSに書き込んでいけば、定年の頃には自分の周囲に山登り友達がたくさんできているという感じです。

数年後にどんな自分になりたいかという目標を決めたら、それに向かって自分をプロモーションしていくわけです。何もしないで山登り友達を作ろうと思っても、あなたを引き上げてくれる他人は現れません。< ものすごく外見の見栄えが良ければ別ですが…

いや、私はネットに詳しくないから… という人ほど、ネットが苦手なのではなく、単にそういう知識やノウハウを知らないだけのこと。ブログやSNSに投稿するのに、ネットやパソコンに詳しくなる必要は何もありません。

世間では「ブログを書く人は、文章を書くのが好きな人」という感じで見ているでしょうが、実はそういう自己プロデュース戦略を考えて書いている人が少なからずいるのです。ブログだってSNS投稿だって、実は本人が書いていなくてゴーストライターに書かせている人もいるくらいですから。

世の中のニッチなことをネットに書けば書くほど、ネット上のみならず世間にも名が知れ渡るというのが今の時代です。上手くすれば、1人だけが食っていけるような「超」ニッチなジャンルで第一人者になることもできる… かもしれません。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

会社を辞めようと思ったら、まずやるべきこと

 
私が30年間務めた自衛官を辞めようと考えたのは、東日本大震災で何もなくなった被災地に立ったときでした。あの現場で、これからは家族と一緒にいたいと思ったからです。

それから本当に自衛隊を中途退職するまでに3年半ほどかかりました。当初の3年間は、自分がこれから組織から離れて自由に生きていけるだけのマインドに切り変えることに費やし、残りの半年は辞めるための準備期間でした。

その3年間、年間200冊以上のペースで様々な本を読み続け、いろんなセミナーにも参加し、自分のマインドを変えることに費やしたわけです。今になって思うとそんな3年間も必要なかったし、思い立った時にすぐに辞表を出すべきだったかなと考えもします。

ただ、それほどまでに安定した公務員を辞めるということは、なかなか決心がつかないことでした。まして、生まれたばかりの末っ子をはじめ、5人の子持ち家庭でしたから… 最終的には、定年後に立候補するつもりだった議員選挙を12年ほど前倒しにするというカタチで退職をしました。

今になって思うと、もしも会社を辞めようと思ったなら、もっと別にやるべきことがあったと思いますが、今となっては後の祭りですね。

まず、会社員や公務員の一番の強みは社会的な信用です。ですから、クレジットカードやキャッシング付きの銀行口座とか、そういうものを作るのは自営業にはものすごくハードルが高いです。たとえ年会費がかかるとしても、JCBやアメックスなどのカードは公務員時代に作っておくべきでしたね。<これマジ。

サラリーマン時代に自宅を購入した人であれば、より安い金利の住宅ローンへ借り換えることも必要です。そういうことは、会社員を辞めたとたんに何もできなくなります。社会的な信用がゼロになるとは、そういうことです。自営業で初年度から何千万円と稼いだとしても、社会的な信用はゼロのままです。

サラリーマンと自営業というのは、野良猫と室内飼い猫くらいに違う人生です。一方は捕まっても飼い主に戻されますが、もう一方は殺処分です。お互いに共有できる価値観や、社会的な信用度が大きく異なります。会社を辞める前に、そうした自営業が苦手な面をクリアしておくことで、いざという時の大きな助けになります。

そして最も大切なのは「健康」です。できるなら、お酒やタバコも止めるべき。お酒やタバコがストレス解消と思うなら、そんなストレスを貯めるマインドを変えるべきです。サラリーマンとしての働き方をすべて捨て去る覚悟を決めないと、自営業で稼ぐのはキツいですよ。

1日24時間は誰もが同じだと思っていましたが、お酒を止めたとたんに自分が自由に使える時間が2倍に増えました。それくらいお酒は(知的に過ごせる)時間を奪ってしまいます。あ、それとゲームも全部捨てましょう。スマホにゲームアプリなんて、お酒を飲むより危ないですよ!

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

間違えたら直せばいいじゃないですか

 
私は自分の意見を自信を持ってブログに書いているように見えるかもしれませんが… 実は根拠のある自信はほとんど持ち合わせていません。

いろんなリスクを恐れずに自信を持って行動しているように見えるかもしれませんが… 実はかなりの感覚派人間で、だいたい直感で動いています。ただし、逃げ足は誰よりも速いです。ヤバいと直感で感じたら、その兆候が見える前にさりげなく撤退します。

どんなに根拠のない自信を持って行動しても、間違えたときはすぐに方向性を直します。とりあえず前に進んでみて、もし違う道に迷ってしまったら、分岐点まで戻る。日々その繰り返しです。

なぜそんなとこが平気でできるかというと、すべてを自分の判断と責任で決断しているからです。その判断に他人が介入しないから、自分ですぐに決断を変えることができます。

判断を他人に依存していないから、自分をよく見せたいというプライドとも無縁です。一応、人の目を気にしている風を装っていますが、それはかなりポーズです(笑)

それは、たとえサラリーマンであっても同じこと。間違えたら直せば良いのです

もしも他人(上司)の判断を仰がなければならないとしても、あらかじめ自分で次の行動を準備することはできます。実際に動くのは自分なのですから、自分がどう動くかまでを上司に指示を求める必要はありません。

 もしもそれが勝手な行動だと怒られたとしても、次の時は指示をあおぐついでに行動の提案をすれば良いんです。そうやって、相手のパターンを探りながら、お互いに最善の方法を見つければよいだけのこと。

他人の言葉に左右されず、間違えたら直せば良いじゃんと心と身体を軽く持つことが大切です。自分が気楽にニコニコしていれば、そんなに悪い方向へは行きません。たぶん…

私が以前に選挙で落選した時、翌日まったく身体が動かなくなってしまいマッサージ屋で身体をほぐしてもらいました。どうしたら良いのか解らなくなったら、とりあえずは身体を軽くすることをやってみてください。お散歩や軽いジョギングでも良いですね。

自分1人がどんなに間違っても、地球を何度も破滅させる核兵器ほどの実力はないのだから、起こりもしないもしものことを考えて心配するのはホントに無駄! 人生はそんなもんですよ。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ