将来が読めない時代だからこそ、子ども達へ教えること

子ども達に何を教えるべきか

 
子ども達の将来は、AIの進歩によって今ある多くの仕事がなくなると予測されています。今の時点で解っていることは、「将来はどうなるか解らない」ということ。つまり、人生の局面で自分で決断する必要があるということです。

そうなると、子ども達に教えるべきことは「自分で物事を考えて決める」という力です。親があれこれとセッティングすることは、実はほとんど役に立たないか、逆にブレーキになる可能性も大です。

では、どうやって子ども達に「自分で物事を考えて決める」ということを教えればよいのか?

それは、大人が自分で人生の方向を決めて生きればいいだけのこと。つまり、成功も失敗も含めて、生き残るためのローモデルを示すわけです。

ただなんとなくサラリーマンをやるのではなく、自分がどのように働くかというビジョンを持ち、その選択肢の中から今の働き方を選んだという答えを示すわけです。

自営業の人が、将来はもうこの仕事は厳しいだろうから… と考えるのではなく、今の仕事を将来に合わせてどう別のカタチにシフトしていくのか模索(考え行動)する姿を子どもに見せるのです。

学校では、物事を判断するときに、まるでジグソーパズルを組み立てるような論理的思考を訓練するとか、いかに人と違うアイデアを考え実際に行動してみるとか、そういう生き残るための考え方を身につけさせて欲しいと思います。

大人は単純に、子ども達に挨拶やコミュニケーション力を身につけさせたいと思いがちですが、実は今の子どもは大人よりもはるかにコミュニケーション力を持っています。大人は自分たちが若い頃にいかに他人の意見を聞かない生き方をしていたかを忘れてますね(苦笑)

子ども達の将来を考えるなら、まず自分が新しい時代を模索し、リスクに立ち向かう姿をローモデルとして見せるべきでしょう。もちろん、失敗することも子ども達に良いお手本となります。

新しい時代を子ども達に託すなんてのは、それこそ無責任際わりない大人の姿ですよ。自分でやるべきでしょ。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノy

知っているのと、出来るのは違う

知ってるだけの情報がいかに役に立たないか

 
先日、とても興味深い講演を聴いてきました。内容は「防災教育」についてです。

その中で講師の方がおっしゃっていたのが、「知っているのと、出来るのはまったく違う」ということ。

例えば、私たちは誰でも「じゃんけん」のルールを知っています。たいてい、小さな子どもから大きな?高齢者まで知っているはず。

では、「じゃんけんを後出しで、10回勝ち続ける」というのはどうでしょうか。回数が増えると面倒ですが、後出しですから簡単に勝ち続けられます。

次に、「じゃんけんを後出しで、10回負け続ける」となると… 1回目2回目は出来ても、連続して負けるのは大変。後出しで答えが解っているのにですよ。

さらに、「じゃんけんを後出しで、最初の5回は勝ち続けて、あとの5回は負け続ける」となると、もうお手上げです。これかなりハード。

じゃんけんのルールは世界でもっとも簡単なルールでしょう。なのに、設定が1つ変わっただけで、突然に難しくなります。

私たちが災害に直面するとは、実はこういうことなのです。地震、津波、水害、竜巻、土砂崩れ、火事、停電、事故、、、すべては平常時のルールがガラッと変わってしまう世界です。

受験の試験会場、本番ステージで音楽演奏、大勢の前で司会、人前で発表、PTA役員決めのくじ引き、、、こうした心臓がバクバクするときも、平常時のルール設定が変わってきます。

だからこそ、自衛官や消防士は毎日のように猛訓練を繰り返しています。知っているから出来るのではなく、無意識のレベルで出来ることが、本当の出来ることなんですね。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

パソコンの耐用年数が延びてる気がします

5年目のMacBookAirがまだまだ現役

 
もう5年も新品パソコンを買っていません。以前は3年くらいが限界でしたが…

5年前に購入したMacBookAirは、使っていて未だ不満を感じたことがありません。しかも、毎日フルに使いまくっています。

2台ある仕事用Windowsマシンは、中古で買ってきたものを使っています。これもかなり高速に動いています。

それもこれもすべて、ハードディスクをSSD(メモリ型のハードディスク)に交換しているからです。メモリはどれも8GB。もうまったくストレスを感じることはありません。

以前は、なんとか誤魔化しながら使って3年が限界でした。これ以上過ぎると、処理が遅くてほとんど使い物にならない感じでした。ちなみに、パソコンはかなりハードに使っています。基本的に24時間電源を落とすことすらありません。

そして、どのパソコンにも個人データを入れずに、クラウド型データベースのEvernoteなどへデータをすべて入れています。だからこそパソコンがストレスなく使えるのかもしれませんね。SSDがデータで圧迫されることも皆無ですから。

以前だったらパソコン(ハード)が古くなって使い勝手が悪くなっていましたが、最近はその前にソフト(OS)がアップグレードして使い勝手が向上してるという理由もあります。

もうそろそろ新しいパソコンに買い換えたいんだけどと思う方は、ハードディスクをSSDへ、メモリを8GBへ増やし、データをクラウドへ移すだけで、劇的に早くなると思います。<全部で2万円くらい?

この先、うちのパソコンはまだ5年くらいは使えそうかなと…

ちなみに、うちの軽トラックは23年前の平成6年製。こちらもまだまだ現役です(笑)

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ