1970年代、広島市内の小学生はどのように原爆のことを教えられたか?という体験談。

1970年代、小学3年生から6年生の夏まで、僕は広島市内の江波小学校に通っていました。

当時住んでいたのは、路面電車(広島電鉄)の江波車庫の近く。自転車で広島市内の至る所に出かけられるロケーションです。

で、当時を思い出してみると、広島市内に住んでいるからと言って、特に原爆の教育を受けていなかったんですよね。

もちろん昔の戦争(太平洋戦争)のことは知ってましたよ。なぜなら当時はまだ防空壕が残っていて、立ち入り禁止だったけど中に入って遊んでましたから。

それに街中には白い服を着た傷痍軍人の乞食がいましたしね。戦争の痕跡は生活の中にまだ普通に残っていた時代です。

で原爆のことですが、なんと小学校のすべての教室に漫画『はだしのゲン』が置いてあって、みんなその漫画を読んで原爆のことを知ったのでした。

なので、原爆という呼び名ではなく「ピカドン」です。

『はだしのゲン』の中で江波の練兵場で遺体を焼くシーンがあったのですが、なんと僕が住んでいたアパートはその練兵場の跡地でした。

もうピカドンが生活の一部ですよねw

あと、江波小学校は江波山に遮られてピカドンの熱風からまぬがれた貴重な場所でしたので、学校図書室には当時の写真入り医療記録が何冊も残っていて、僕はそれもよく見ていました。

よく修学旅行で広島の原爆記念館を見学したあとに気分が悪くなたっという話を聞きますが、僕はそれ以上のエグイ写真を日常的に見ていたので、なんであんな汚れたマネキンを飾った展示を見て気分が悪くなるのかを理解できませんでした。

そのお陰なのか、今でも腐乱ものはまったく平気です。便利屋でそういう仕事もしてましたしね。

広島市内で育った子供は、たぶん原爆についてそれほど重く捉えていないのではないかと思っています。いや、それは私の主観的な意見ですけどね。

あと僕が小学生の頃は、まだ原爆ドームの中に忍び込めたくらいです。ただのガレキしかありませんでしたけど。

原爆のことがあれこれと日本中の話題になってきたのは、平成に入ってからかもしれません。今じゃあのガレキが世界遺産ですから正直なところ驚きです。

もしも今、広島の原爆を学びたいを思うなら、迷わず『はだしのゲン』を読んでください。

当時も今のような普通の人々の生活があって、それがある瞬間に突然に原爆で無茶苦茶になり、でも生き残った人たちはその後も人生を歩んでいたという民衆の記録です。

原爆を知るには『はだしのゲン』以上のものはないと感じています。

それを考えると、当時の小学校教室すべてに『はだしのゲン』が全巻置いてあったのは、すごく的を得た教育だったのでしょうね。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ