遅刻の言い訳を伝える必要はない

あなたが約束の時間に遅れそうなとき、どのような言葉で伝えているでしょう?

普通であれば、「申し訳ありませんが、電車の遅れで15分ほど遅れそうです。よろしくお願いいたします。」という感じですね。

ところがこれが職場の上司への連絡だと、「いつもより20 分早く家を出たのですが… 」という風に、聞かれてもいない言い訳を伝えてしまいがちです。

私も同じような当事者になると、ついつい無自覚で言ってしまうのです。相手が顧客だと冷静に考えるのですがね。

遅刻をしそうなとき、待っている相手が一番知りたいのは何時頃に到着するかどうかです。個人的な理由は必要ありません。

もしも後で相手から怒られたときは、その時に謝ればいいのです。その上で個人的なことを言われたら、その人が普通ではない人ということで心の中でスルーしましょう。

でもあなたが遅刻の常習犯であれば、もう土下座して謝ってください(笑)

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ