考える前にまず動いてみる

考えると足が出せない

 
何か新しいことを始めようとしたとき、まず最初になにから始めますか?

私は考える前に、とにかく何でもいいから行動をしてみます。出来るか出来ないかは関係なく、まずは動いてみます。

そうすると、自分が行動するという前提で物事を考えることができるようになります。

もしも最初に考える人なら、実際の行動にそくした考えができません。つまり、机上の空論です。

例えばジョギングを始めようとするなら、とにかく今ある靴とジャージで近所を走ってみます。

すると、ジョギングするにはシューズやウェアよりも、時間を計れるスポーツウォッチが欲しいと気づきます。次に、地図をみながらどこをどう走るかというコース選びをするようになります。ポイントは行動の仕方ですね。

そのうちに、もっと走りやすい靴が良いとか、素敵なウェアを着て走りたいと思うようになるでしょう。

最初に、シューズやウェアを揃えることから始めると、肝心のどのコースをどんな風(時間)に走るかという根本的なことが抜けてしまうのです。

一番最悪なのが、最初にジョギング雑誌などで知識を仕入れてしまうこと。知識で頭が重たくなると、人は行動できなくなってしまいます。

自分でやってみて実感を得てから、必要に応じてノウハウを仕入れる。こんな自然なことに気が付かない人は要注意です。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ