状況が変わらないときは、効果があると思うことを何でもやってみる

 
悪い状況が変わらないときは、効果があると思うことを何でもやってみるべき。何も行動を起こさずに様子見してるのはダメ!

なんじゃそれと思うかもしれないけど、玄関に乱れた靴をキレイに揃えたり、部屋の掃除をするだけでも何かが変わります。自分の視点が変われば、見えてくる世界が変わってきます。

外に向けて何か行動をすれば、自分を取りまく周囲の環境が変わってきます。ほんとに微妙なんだけど、その変化は自分にプラスになるはず。

そういう意味では、こうしてブログを書いているのも効果的な行動の一つですね。他人から見たら何も変わっていないかもしれないけど、自分のマインドは確実に変化しています。

テレビで見たニュースをそのまま鵜呑みにするんじゃなく、図書館でそれに関する本を借りてきて読んだり、過去にあった類似するニュースを調べてみたり、ちょっとした視点を変えてみるだけでそのニュースの持つ意味が大きく変わってきます。

状況が変わらないときに何もしないのは、自分の心の中に「ホントは何も変わってほしくない」という変化を嫌う気持ちが芽生えているからです。自分の気持ちが変化を受け付けなければ、実際の悪い状況はどうやっても変わることはありません。

たとえば、登校拒否をする子供は学校でいじめられたとか何かの要因があると考えるのが一般的です。でも実は、ただ単に学校に行きたくないからそういう理由を後付で作っているだけのことなんです。

そんな風に何も変わって欲しくないという気持ちがあると、どんなに状況が悪化しても見て見ないフリをし始めます。

だからこそ、とにかく少しでも効果があると思うことは何でも良いからやらないとダメなんです。自分自身の中に変化を受け入れる心を作ることが一番重要なことです。

状況が変わらないときは、効果があると思うことを何でもやってみて悪あがきをする。これに尽きます。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

コメントする