小説を読むと人間を学べる

 
それほど暇ってわけじゃないですけど、たまに小説も読んでいます。ビジネス書ばかり読んでいるわけじゃありません。

小説には人間の心に関するノウハウが詰まっています。心理学や脳科学の本を読むより、人間についての鋭い洞察に満ちあふれているのが小説ですね。

男性が女性の視点で物事を見るとか、女性が男性の視点で物事を見るとか… 他人になりきって他人の人生を味わえるのも小説の醍醐味です。

もちろんそれは作家の創作なんですけど、読む人が共感する内容を書かないとその小説は売れません。だから自然と、人の心に深い洞察のある心理描写になっていくわけです。

中には、映画やドラマから受けるものとは桁違いの、深い感涙と心震える感動に襲われることすらあります。なにより、文字を読みながら自分の脳裏に主体的に場面情景や心理状態を描き出しているわけですから、もう深みが段違いに違うわけです。

高校生の時に読んだロマン・ロラン『ジャン・クリストフ』で主人公の初恋場面などは、今でも想い返すと切ない気持ちになったりします。主人公の生き方に共感するときなど、もう自分自身がまったく違う人生を生きている感覚が実感できます。

案外と自分自身の体験は忘れてしまうものですが、小説で読んだ恋の甘酸っぱさは未だにリアルな感覚で覚えているのが不思議なぐらい…

文学も、音楽も、芸術(美術アート)も、人の心の豊かさや新鮮さ、奇抜さなど、ありとあらゆる人の心を表現したものです。どれも人間学の素晴らしいテキストですね。

もっとも、最近ではオーディオブックで小説を読んでいる、いや聴いているので、さらに脳裏に情景が浮かぶようになってきました。ラジオ・ドラマの深みにはまってしまった感じです。

で、オーディオブックで感動してしまうと、さらに図書館で借りてきて本でも読んでしまうという念の入れようです。小説、最高! <そんなに暇じゃないんですけどねぇ(苦笑)

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ