勉強よりも大切な即断即決力

チャレンジ

どんなノウハウも最後は決断力が勝負

 
学生時代にどんなに勉強が出来ようと、どんなに有利な学歴や資格も持っていようと、どんなに自己研鑽しようと、最後の最後で必要なのは即断即決力です。

与えられた知識や情報の多い少ないと、即断即決できるかどうかに関係はありません。意外かも知れませんが、情報が多ければ多いほど逆に即決はできなくなります。

例えば、いろんな種類があるコンビニのパン、何種類もあるジュースの自動販売機、種類が豊富なカップラーメン、どれも即断即決で決められる人は少数派です。

なぜなら、情報や知識が多くなるほど、決断するのではなく「選択」をするからです。選択はただの条件反射です。

日頃から選択することに慣れてしまうと、死ぬか生きるかの重要な二者択一でさえ自分で選ぶことができなくなります。つまり、多数の選択に従ってしまうわけです。

成功哲学のロングセラー『巨富を築く13の条件』を著したナポレオン・ヒルは、世界の鉄鋼王アンドリュー・カーネギーから後の成功に繋がる仕事を依頼されたとき、まったくの悪条件ながら29秒でYESの決断をしました。その時、カーネギーの返答タイムリミットは60秒だったそうです。

こうした人生を左右する決断をするとき、それが可能かどうかという根拠や情報はほとんど無いに等しいのです。そもそも、選択できるだけの情報はほとんどありません。

私自身も、それまでの自衛隊生活からいきなり県議会議員選挙に立候補するかどうかを決断したとき、ほとんど即断即決しました。その時に考えたのは、可能か不可能かではなく、自ら「やる」か「やらない」かという決断だけでした。

もしも知識や資格でお金を稼げるのなら、大学教授や資格を指導する人々はみんな高収入を得ることができるはず。しかし現実は、どんなに勉強をしてもそれが高収入に直結するという保証はなにもありません。

勉強ができることは単なる特技です。その特技を活かすためには、チャンスが訪れたときにすぐに即断即決ができる力が必要です。そして想像を絶するような大災害や事件に遭遇した時も、即断即決で安全な場所に逃げることが最も重要な能力なのです。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

チャレンジ
正しい睡眠時間よりも大切なこと

  睡眠についていろいろ書かれた書籍がありますが、実際のところは毎年のように新しい研究結果 …

チャレンジ
行動できる人、できない人の大きな違い

自分の損得勘定を捨てるのがコツ   何か新しい企画(プロジェクト)を始めようとしたとき、ま …

チャレンジ
便利屋の始め方

本業である便利屋をネタにしてみました   便利屋という商売。人によって考えは違うと思います …