人前であがらずに話せる方法

チャレンジ

 
私はわりと人前であがらずに話をすることができます。それも人数が多ければ多いほど、逆に頭がクリアに冴えてきます。

とは言っても、自分でそう感じているだけで、実際にはどんな風に見えているかは聴く人それぞれに異なることでしょう。

特に、十分な準備もなく即興でスピーチしたり、受け狙いの話をした時などは、私自身もどうかなと思うことが多々あります。

遅くともスピーチの数日前までに原稿を用意し、直前まで何度も推敲している時ほど、緊張もせずに話すことができます。

簡単に言ってしまえば、事前に周到な準備をし、さらにリハーサルをして練習を重ねたときほど、人前であがらずに、しかも頭がクリアな状態で話すことができます。

ところが、問題はこの事前の準備です。スピーチ原稿を書くとなると、大抵の人は過去のスピーチ原稿をテンプレートにして書こうとします。

最初に時候の挨拶から始まり、集まってくださった方への感謝の言葉、そして当たり障りのない文章。要するに、借り物の文章パーツを集めて組み合わせるという方法です。

こうして作った文章だと、それを一字一句間違えのないように読むことに緊張してしまい、やはり人前ではあがってしまいます。

そうではなく自分で作り練りに練った文章だと、話す内容に自信があるおかげで、どんなに緊張しても頭脳はクリアなまま話すことができるのです。

つまり、人前であがらずに話すことができるようになるには、これでもかというほど周到な準備をすることがもっとも効果的なのです。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

チャレンジ
正しい睡眠時間よりも大切なこと

  睡眠についていろいろ書かれた書籍がありますが、実際のところは毎年のように新しい研究結果 …

チャレンジ
行動できる人、できない人の大きな違い

自分の損得勘定を捨てるのがコツ   何か新しい企画(プロジェクト)を始めようとしたとき、ま …

チャレンジ
便利屋の始め方

本業である便利屋をネタにしてみました   便利屋という商売。人によって考えは違うと思います …